金属からCRに替える是非について(海外滞在可能性あり)

相談者: ユリイカと舟さん (40歳:女性)
投稿日時:2019-02-12 22:34:40
いつもお世話になっております。
ご相談させていただきます。

もともと、ずっと昔に治療した歯が多い状態でした。
最近、古い金属を替える機会があり、CRというものを入れました。
(下の歯の、前よりの歯を何本か)

見た目では、金属ではない方がよいだろうという考えのもとで、そのようになりました。
そして、上の歯も、(古い)金属からCRにできそうな歯があるので、どうするかと聞かれています。

耐久性などでは、金属のままのほうが良いようなのですが、見た目の問題で、CRに替えたい気持ちになっています。
上の歯は、誰に見られるわけでもないので、古くても金属のままの方がよいのかなとも思っています。

アドバイスを頂きたく、お願いいたします。
よろしくお願いいたします。

(CRの異常に自分で気づけても、仕事の都合により海外に滞在していたりなど、日本の歯医医院にすぐにかかることはできない可能性があります。)


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2019-02-12 23:14:24
ユリイカと舟 さん、こんにちは。

>耐久性などでは、金属のままのほうが良いようなのですが、見た目の問題で、CRに替えたい気持ちになっています。

基本的なことになりますが、審美的な事象を目的とした施術には、健康保険は給付されませんので、自費での受診になります。

他方で、症状が無い歯を施術したことによって、抜髄に至ってしまった投稿が、このサイトの過去ログに沢山ありますね。


>金属からCRにできそうな歯があるので、どうするかと聞かれています。

もしかすると、ルールを逸脱して、制度を悪用している可能性があります。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
歯科医師の松山です。
回答日時:2019-02-13 09:26:45
取り替えない方が良いでしょう。
何の問題もなければです。

私はこのようなケースで考慮もしなければ、したがって、どうするかなども尋ねたことがありません。

これが、先進諸外国の治療費だったらどうでしょう。
支払金額は5〜6倍になります。
考えてしまいますでしょう?

回答 回答3
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2019-02-13 21:31:31
こんにちは。
古い金属のものでインレーではセメントが崩壊していて二次虫歯になっている可能性が高いので積極的にCRへの治療を勧められる場合があるでしょう。

CRは時代と共に進化し今では象牙質との接着が可能になっています。
最低でもエナメル質との接着は可能です。

ですから二次虫歯になりにくい為、金属のインレーから強度に問題ない場合はやりかえる事が勧められるようになっていると思います。

回答 回答4
  • 回答者
歯科医師の松山です。
回答日時:2019-02-14 11:51:23
Dr.ふなちゃん 先生の、(二次虫歯になっている可能性が高いので )であれば、それなりの説明があるでしょう。

歯科医は、

「CRにできそうな歯があるので、どうするかと聞かれています。」

のような、あいまいなことを言わないはずですし、またいうべきでもありません。

また、Dr.ふなちゃん 先生の、
>金属のインレーから強度に問題ない場合はやりかえる事が勧められるようになっていると思います。

は、ちょっと意味不明なところがある上に、「勧められるようになっていると」いうことはないはずです。

回答 回答5
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2019-02-14 14:42:16
勧められる傾向があるです。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ユリイカと舟さん
返信日時:2019-02-17 14:36:58
小林先生
こんにちは。
ご回答をありがとうございました。
仕事で出かけており、お礼が遅くなりまして大変失礼いたしました。

質問文では私の言葉が足りず、正確な状況が不明なままでの質問となってしまいましたことをお詫び申し上げます。

後にご回答いただいている、船橋先生のご回答にあるように、古い金属の下が二次虫歯になっているケースも一般的にはあるとのことで、やり直してみることを検討したものです。

私がもともと、たぶん20年以上前の金属であることを心配していただけで、お世話になっている先生の方から積極的にやり直しを勧められたものではありません。

CRでもできるケースでしたので、やり直してみることを私が積極的に希望した形です。

おっしゃる通り、私にとっては、半分は審美の目的でもありますので、保険治療にはそぐわない治療ではありますので認識を改めたいと思います。

自費でのセラミックでも全く構わないのですが、自分の歯を大きく削らなくてはならないこと、またその分、しみやすくなる傾向があるとのことですので、それは見送っております)

また結論ですが、今回検討していた歯は、小さい面積ですが力のかかりやすい奥歯であり、上の歯で外からは見えない位置であり、また、セメントが溶け出しているようにも見られないとのことで、施術は見送りました。


ネット上で、自覚できる痛みはなかったのに、真っ黒な二次虫歯になっていたケースを写真付きで見て、不安になっておりました。

かかっている先生の話によると、真っ黒な二次虫歯になっていても、進行していないケースもあり、奥まで進行し始めれば(金属で隠れなければ)レントゲンで見えるそうなので、定期的にレントゲンを撮る方向でいきたいと思います。

小林先生の、症状のない歯を施術して大事に至ったケースもあるとのお話はとても勉強になりました。
ありがとうございました。
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ユリイカと舟さん
返信日時:2019-02-17 14:52:25
松山先生
こんにちは。
ご回答をありがとうございました。

仕事で出かけており、お礼が遅くなりまして大変失礼いたしました。

質問文では私の言葉が足りず、正確な状況が不明なままでの質問となってしまいましたことをお詫び申し上げます。

後にご回答いただいている、船橋先生のご回答にあるように、古い金属の下が二次虫歯になっているケースも一般的にはあるとのことで、やり直してみることを検討したものです。

私がもともと、たぶん20年以上前の金属であることを心配していただけで、お世話になっている先生の方から積極的にやり直しを勧められたものではありません。

(なお、質問文中の、「古い金属を替える機会」とは、古い金属のある歯の側面にできた初期虫歯の治療です)

CRでもできるケースでしたので、やり直してみることを私が積極的に希望した形です。


おっしゃる通り、私にとっては、半分は審美の目的でもありますので、保険治療にはそぐわない治療ではありますので認識を改めたいと思います。

自費でのセラミックでも全く構わないのですが、自分の歯を大きく削らなくてはならないこと、またその分、しみやすくなる傾向があるとのことですので、それは見送っております)

また結論ですが、今回検討していた歯は、小さい面積ですが力のかかりやすい奥歯であり、上の歯で外からは見えない位置であり、また、セメントが溶け出しているようにも見られないとのことで、施術は見送りました。

ネット上で、自覚できる痛みはなかったのに、真っ黒な二次虫歯になっていたケースを写真付きで見て、不安になっておりました。

かかっている先生の話によると、真っ黒な二次虫歯になっていても、進行していないケースもあり、奥まで進行し始めれば(金属で隠れなければ)レントゲンで見えるそうなので、定期的にレントゲンを撮る方向でいきたいと思います。

数人の先生のいる歯科医院に通っておりますが、松山先生同様に、症状なければ特に何も勧めない先生の方が多かったように思います。

一方で、古い金属の下が二次虫歯になっているケースもあるので、入れ替えをするのもよいとおっしゃる先生もいらっしゃいました。

二次虫歯の可能性を否定しきれない以上、どちらの方法を選択するのが良いかは、正直まだ迷うところです。

このたびはありがとうございました。
とても参考になりました。
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ユリイカと舟さん
返信日時:2019-02-17 15:08:17
船橋先生
こんにちは。
ご回答をありがとうございました。
仕事で出かけており、お礼が遅くなりまして大変失礼いたしました。

質問文では私の言葉が足りず、正確な状況が不明なままでの質問となってしまいましたことをお詫び申し上げます。

船橋先生のご回答のとおりで、古い金属の下が二次虫歯になっているケースも一般的にはあるとのことで、やり直してみることを検討したものです。

私がもともと、たぶん20年以上前の金属であることを心配していただけで、お世話になっている先生の方から積極的にやり直しを勧められたものではありません。

(なお、質問文中の、「古い金属を替える機会」とは、古い金属のある歯の側面にできた初期虫歯の治療です)

CRでもできるケースでしたので、やり直してみることを私が積極的に希望した形です。

自費でのセラミックでも全く構わないのですが、自分の歯を大きく削らなくてはならないこと、またその分、しみやすくなる傾向があるとのことですので、それは見送っております)

また結論ですが、今回検討していた歯は、小さい面積ですが力のかかりやすい奥歯であり、上の歯で外からは見えない位置であり、また、セメントが溶け出しているようにも見られないとのことで、施術は見送りました。

ネット上で、自覚できる痛みはなかったのに、真っ黒な二次虫歯になっていたケースを写真付きで見て、不安になっておりました。

かかっている先生の話によると、真っ黒な二次虫歯になっていても、進行していないケースもあり、奥まで進行し始めれば(金属で隠れなければ)レントゲンで見えるそうなので、定期的にレントゲンを撮る方向でいきたいと思います。

そして、船橋先生のご回答の
>最低でもエナメル質との接着は可能です。ですから二次虫歯になりにくい為、金属のインレーから強度に問題ない場合はやりかえる事が勧められるようになっていると思います。

とのことですが、CRの方が二次虫歯になりにくいのかという点は、衛生士に聞いてみたところ、私の伝え方が悪かったのか、金属でもCRでも接着剤使用であり同じだと言われました。

この点について、歯科医の先生とは話をしそびれてしまいましたので、次回診察時に詳しく話をきいて再度検討したいと思います。

ありがとうございました。
回答 回答6
  • 回答者
歯科医師の松山です。
回答日時:2019-02-17 17:47:57
私が、勝手に小臼歯だろうと想定しまってのコメントですので、反省しています。

というのも、小臼歯では、処置する必要がないのに手を付けられるケースが多く存在していて、それがやり直す必要が殆どないほど、精密なインレーが多いものですから、いつも俗に言う、変な意味で感心していました。

そのようなことですから、(私はこのようなケースで考慮もしなければ、したがって、どうするかなども尋ねたことがありません。)は、割り引いて判断してください。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ユリイカと舟さん
返信日時:2019-02-17 20:27:51
松山先生
何度もご回答をありがとうございました。
こちらが歯の名称を書かずにおりましたので、申し訳ございませんでした。

処置する必要がないのに手を付けられるケースが多いというのは、不思議でした。

今通っている歯科医院では、特に勧められた治療などはありませんが(むしろ私が心配性で、私から相談する位です)、他の歯科医院に通うことになっても、自分の歯がむやみに削られることのないよう気を付けたいと思います。

ありがとうございました。



タイトル 金属からCRに替える是非について(海外滞在可能性あり)
質問者 ユリイカと舟さん
地域 非公開
年齢 40歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ レジン(白いプラスチック)
保険のインレー(銀・金属)
補綴関連
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日