上4番と5番の間が虫歯、詰め物の材質で迷っています

相談者: かおりんごんさん (39歳:女性)
投稿日時:2019-03-26 17:04:35
こんにちは。

右上の4番目と5番目の間が虫歯になりました。
4番目が大きめの虫歯みたいですが、神経はとらなくていいそうです。

先生は銀歯でもそんなに目立たない場所なので、銀歯がいいのでは?と言われます。
型をとるので、白いもの(保険も非保険も)だと、銀歯にするより少し大きく削らないといけないのでもったいないとのことです。


笑うと見える場所なので、白い物でと思いましたが、銀歯だと2つの歯の隙間に縦に銀歯が入り見えると思うのですが、そんなに見えないよと。
今仮で白い詰め物をしてますが、笑うとすごく見えています。


・この場所だと銀歯か白いものと、どちらがオススメでしょうか?
女性の患者さんはどっちを選択される方がおおいですか?

銀歯にしてみて、後でやっぱり嫌だったら、白いのに変えたらいいよ。と言われてます。

また、白いのだと、保険ではないほうがいいですか?


宜しくお願いします。


回答 回答1
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2019-03-26 18:45:51
こんにちは。

銀歯は頑丈で形成し型取りすれば技工士さんが作成してくれチェアータイムも短めなので保険治療ではよく行われています。

レジン充填より歯の削除量は多いのですが、技工操作で金属をツルツルに磨いておけば隣接面からはもう虫歯になることを気にしなくて良いので、フロスの習慣化が期待出来ない方にとって楽な治療だと思います。


白い詰め物インレー)だと目立たないのですが、金属より割れたりたわむので厚みが必要になるため健康な歯質を大きめに削る必要が生じます。

ですからまず金属でしておいて気になるならより大きく削って白い物に変えるという選択は順番的にはありだと思います。


歯は削ると元に戻りませんが、虫歯を作るくらいなら大きめになっても順次人工物におきかえておくというのはよくされている選択です。


修復物の素材はおかかりの歯科医にお勧めをお尋ねになるのがよいでしょう。
主治医が取り扱いに慣れている素材がよいように思います。
(一般的にはより良い素材は自費治療になっています)




タイトル 上4番と5番の間が虫歯、詰め物の材質で迷っています
質問者 かおりんごんさん
地域 非公開
年齢 39歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ レジン(白いプラスチック)
保険のインレー(銀・金属)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日