パントモレントゲンで確認できる歯周病の所見を説明してくれない

相談者: ハマナスさん (46歳:女性)
投稿日時:2019-07-02 17:40:16
質問させて頂きます

動揺の異常について

パントモレントゲンで、歯根膜腔の拡大や歯槽骨吸収の具合などのわかるものでしょうか?

下顎の4567の位置です

事情を全く説明してくれません

宜しくお願いします


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2019-07-02 17:52:44
ハマナスさん、こんにちは。

パントモレントゲンで、歯根膜腔の拡大や歯槽骨吸収の具合などのわかるものでしょうか?

ある程度は分かります。
ですが、パノラマレントゲンよりはデンタルレントゲンの方が詳細に分かるかと思います。


>事情を全く説明してくれません

説明をしてくれるのを期待するのであれば、ご自身からご質問されてみては如何でしょうか?
もちろん説明する義務が歯科医師にはあるかと思いますが、その先生にとって些事であると判断し、説明をしていないだけかもしれませんので。


ご参考程度にしていただければと思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ハマナスさん
返信日時:2019-07-04 09:23:05
三木先生

早速のご回答ありがとうございます

>ある程度は分かります。
>ですが、パノラマレントゲンよりはデンタルレントゲンの方が詳細に分かるかと思います。

デンタルレントゲンでなくても、診療報酬請求でパントモは認められている画像検査ですから、分かるものですよね

もし分からないなら、パントモは歯周病の画像診断検査に使えない、診療報酬請求でもそもそも認可されないというになりますものね。

Drには説明を求めたのですが、ぜんぜん説明して頂けなかったのです

通常であれば、患者が質問して、なにが動揺の原因となっているのかは説明して頂けるものですよね

わたしもそう思います

質問の仕方ですが、

@外傷性咬合の結果の咬合性外傷である1次性咬合性外傷であるのか?

A歯周病の原細菌である、プラーク及びバイオフィルム感染症歯周組織破壊による動揺なのか?

Bその両方が重なっている2次性咬合性外傷なのか?


このようであれば、明確に答えていただけそうでしょうか?
長くなるので、補助の為文面にした方がいいかとも考えます

わたしには動揺の自覚が全くありません

それで動揺の診断がついたので、動揺であるなら原因を知りたいのです

宜しくお願い致します
回答 回答2
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2019-07-04 10:02:39
こんにちは。

患者さんから学術的な分類についてのお話が出ると、多くの歯科医は引くと思います。

患者さんからの問診で大切なのは普段使う言葉でと習います。
質問の方も、普段使われる言葉でされたほうがよいのではないでしょうか?

または、本当に歯科の知識を積み重ねて来られており、@からBの内容をしっかり理解出来ていて専門用語を多発して回答されても、直ぐに理解出来ますと言うならば別です。

専門用語を多発されるということは、それで短く回答しても十分理解出来るだけの知識を持っていますと言うことを示すときだと思います。

ですからネットや専門書から拾って来られた分類で尋ねておきながら、Bですとだけ回答されて納得出来るのか?と言う事を想像しておかなければいけないでしょう。


>わたしには動揺の自覚が全くありません
>それで動揺の診断がついたので、動揺であるなら原因を知りたいのです。

ということであれば、それをそのまま素直にお伝えになるのが一番よいのではないでしょうか?

何に納得されていないのか?がよくわかるので、引用よりよっぽど良いと思います。

回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2019-07-05 09:49:48
ハマナスさん、こんにちは

中等度以上の歯周病の検査診断には、パノラマレントゲン写真は向きません。
他の先生が書かれているように、レントゲンでしたらデンタルが第1選択肢になります。

残念ながら日本の保険制度では、運用面で必ずしも学術的な指針とは一致しないことがあります。


歯の動揺が、生理的な動揺なのか、歯周炎によるものか、1時性の咬合性外傷か、2時性の咬合性外傷か、歯牙破折か、根尖病変か、あるいは腫瘍などによるものかは、動揺度とプロービング、デンタルレントゲン写真検査に加え、歯牙の摩耗や咬耗かみ合わせなど総合的に評価します。

なを、腫瘍の場合はパノラマレントゲン写真検査が有用です。

回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2019-07-05 09:58:54
おはようございます。

通常主訴を伺って口腔内診査をして必要であればポケットの深さを診査します、動揺があるという事であれば咬合関係を見て主訴の部分とパノラマを撮影して確定診断をします。

動揺があればレントゲンでかなり明確に写ってきます。

>事情を全く説明してくれません

納得してからでないと治療に踏み切れないと思います。




タイトル パントモレントゲンで確認できる歯周病の所見を説明してくれない
質問者 ハマナスさん
地域 非公開
年齢 46歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯医者への不満・グチ
その他(診断)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日