19年前に正中口蓋嚢胞が発覚した歯の治療について

相談者: あん09さん (32歳:女性)
投稿日時:2019-08-22 15:59:37
19年前に正中口蓋嚢胞が発覚。
大きくなってしまって前歯2本の根本まで広がっていたので、根本も少し切除。
神経もとりました。

13年前に見た目が悪くなったのメタルボンドセラミックをかぶせる。
今現在は歯茎の境目から金属が見えて見た目も悪いので、オールセラミックにやりかえる事になりました。

レントゲンを撮ってもらったのですが、担当医に黒く抜けがある。
正中口蓋嚢胞をとって骨が完全にはできていないのか、根本が感染して黒くなっているのかは、レントゲンだけでは判断できない。
過去のレントゲンと見比べるか、私の感覚に頼る事になると言われました。

歯を叩くのも歯茎を押すのも、他の健康な場所と何も変わりません。

ただ、私が気になっているのは歯茎がジンジン?ヒリっとする感じがある。
前歯は歯肉炎になっています。

痛い、ひびくわけではない違和感。
食べ物を噛み切るときや、上の歯と下の歯があたるときに感じます。

ここ1年近く、虫歯治療をしており5本削ったので上の前歯と下の歯の噛み合わせ大分強くなってしまいました。

担当医は虫歯治療、歯肉炎、骨が完全でないせいで↑のような症状があると思う。

私が中もやりかえるか悩んでいたら、今回は中はやりかえずに補綴物だけ変えましょう。
と言う事になりました。

担当医は私が言えば、根の治療もやってくれると思うのですが。
迷ってます。

先生方は、再根幹治療するか、補綴物だけ変えるか、どちらにしますか?

可能であれば手術をしてもらった病院に、カルテやレントゲンを貸し出してもらえるか聞いた方がいいのでしょうか?


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2019-08-22 16:47:22
文面からの推測ですが・・・


>先生方は、再根幹治療するか、補綴物だけ変えるか、どちらにしますか?

あくまで私見ですが、

>根本も少し切除。神経もとりました。

から考えると、

治療による侵襲で却って寿命を縮めるリスクの方が、改善される可能性より高いような気がします。
違和感程度であれば再根管治療はしないと思います。


>可能であれば手術をしてもらった病院に、カルテやレントゲンを貸し出してもらえるか聞いた方がいいのでしょうか?

聞いてみてもかまいませんが、カルテの保存期間は5年なので19年前だと残っていないと思います。


ご参考まで・・・

3人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2019-08-22 17:10:39
レントゲンだけでは判断できない。

ということでしたら、「過去のレントゲンと見比べるか私の感覚に頼る事になる」のどちらでもなく、例えばCTを撮っていただくなど少しでも詳細な診査に加え、専門性の高い診断が望まれるように思います。


>担当医は私が言えば、根の治療もやってくれると思うのですが。

その判断はあん09 さんがするのではなく、自費での受診になるかとは思いますが、歯内療法だけを診ている施設で判断を仰いでみてはいかがでしょう。

2人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: あん09さん
返信日時:2019-08-22 19:54:36
杉原先生
回答ありがとうございます。
カルテの保存期間は5年なんですね。


小林先生
回答ありがとうございます。
その歯科医院のホームページに、インプラント治療でCTを使います。と書いてあったので、CTはあると思うのですが今回撮りましょうとは言われていないです。
CTとレントゲンでは大分かわりますか?
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2019-08-23 07:00:06
>CTとレントゲンでは大分かわりますか?

3次元と2次元ですから、文字通り次元が違います。

ただ、何で撮影するかよりも、読影能力の差の方が圧倒的に大事です。

1人の専門家がこの回答を支持しています  



タイトル 19年前に正中口蓋嚢胞が発覚した歯の治療について
質問者 あん09さん
地域 非公開
年齢 32歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 根管治療に関するトラブル
根管治療関連
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日