根管治療でラバーダムに耐えられない時はどうすればいいですか?

相談者: アン春子さん (59歳:女性)
投稿日時:2019-12-07 11:43:28
根幹治療で、ラバーダムに耐えられない時はどうすればいいのですか?

治療を受ける歯科医は、根幹治療時にはラバーを使用されるそうです。
1回の治療は約45分、口を開けている時間は30分と言われました。

顎関節症には、なっていないと思いますが、普通の虫歯治療でも、口を開け続けると顎が痛いです。
口を30分間もあけていることに耐えられるか不安です。

皆様の治療時には、ラバーが耐えられない患者には次の対処として何をされるのですか?


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2019-12-07 11:58:29
バイトブロックを使いますね、私は

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2019-12-07 13:31:42
>皆様の治療時には、ラバーが耐えられない患者には次の対処として何をされるのですか?

当院では治療前にマニピュレーションをしますね。

また、それ以前にTCH是正指導を行い、できるだけ筋肉の過緊張が起きないように日頃から注意してもらいます。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: アン春子さん
返信日時:2019-12-07 14:58:22
櫻井先生
マニピュレーションをしますね。≫

TCH是正指導を行い、≫

上記の
1、マニピュレーションとは、具体的になんですか?
2、TCH是正指導とは何ですか?

私の不安は口を開け続けて、終了後、口が閉じなくなったりしないのか?です。
左側耳の下あたりを押すと少し痛い時があります。
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2019-12-07 15:24:28
私もケースによってはラバーダム後40〜60分程度治療を行うので、治療時には必ず治療する歯の反対側の歯で『バイトブロック』を咬んでもらっています。
 バイトブロックとはプラスチックやゴムなどのブロックです。
 
「10分間口をを一定に大きく開いていてください」

というのは大変ですし、非常に疲れます。

逆に

「10分間、ゴムを咬んでていてください」

というのは意外に苦になりません。
 

これは筋肉の問題で、口を閉じる閉口筋と呼ばれる大きな筋肉を4つ(咬筋、側頭筋、内側翼突筋、外側翼突筋)使うので、疲労も小さくてすみますが、口を開くという行為は大きな筋肉を1つと小さな筋肉をたくさん使うので、咬んでいた方がラクになります。
 
多くの歯科医院でバイトブロックなどはありますので、心配であれば受診時に長く開いている自信がないこと、バイトブロックがあるか?など聞かれてはどうでしょう。


おだいじに

2人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2019-12-07 16:28:51
>1、マニピュレーションとは、具体的になんですか?

咀嚼筋のストレッチです。


>2、TCH是正指導とは何ですか?

その名の通り、TCHを是正する指導と言う事になります。


参考⇒TCH、歯列接触癖

回答 回答5
  • 回答者
回答日時:2019-12-09 19:35:14
ラバーダムはゴムのシートですから、装着すると割と自然に口は開きやすいですよ。
たぶん想像しているよりは楽なのではないかと思います。

当院でもラバーダムを装着すると、40〜60分ぐらい治療をさせて頂く機会が多いですが、終わった時に

「顎が・・」

と痛そうにされる方はゼロではないですが、感覚的には40〜50人に1人とか、もっと少ないぐらいの様な気がします。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: アン春子さん
返信日時:2019-12-11 12:37:05
柴田先生、井野先生、櫻井先生、渡辺先生、皆様回答有難うございました。
あまり怖がらずに、頑張って行ってきます。

でも、40分以上も治療されていることが信じられませんが・・・
大丈夫かな??



タイトル 根管治療でラバーダムに耐えられない時はどうすればいいですか?
質問者 アン春子さん
地域 非公開
年齢 59歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 根管治療の治療法
ラバーダム
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日