レントゲンに写らない虫歯の治療の必要性について

相談者: cannaさん (33歳:女性)
投稿日時:2017-12-20 15:38:01
先日、健診とクリーニングのため受診したところ、レントゲンには写ってないが結構な数、虫歯の疑いがある歯があることがわかりました。


その半年前に同目的で受診した別の歯医者では

「虫歯はない。
また半年後にクリーニングを受けてください」

と言われましたので、その後は日常の歯磨きのみ心がけてきました。
この受診時、歯のいたる所(溝、歯間、治療による詰め物の縁)に黒い点や黒ずみがあったので、そこが虫歯じゃないかと気になっている旨を伝えての受診でしたが、回答は

「虫歯はない」

でした。


そして今回受診した歯医者では

「レントゲンには確かにうつってないけど、目視では虫歯の疑いのある歯がいくつかある。
ただ、削ってみないとどの程度進行しているかわからず、また削ると白い詰め物ではなく、クラウンになる。
どの歯から治療していくか本人の希望で進めていく」

と言われています。
その先生は削ることで虫歯が侵襲しやすくなるから、削らず済むなら削らない方がいいという考えだそうで、ただ今の私の口腔内は悩ましいそうで、私の考え次第で治療に踏み切るとのことでした。


自覚症状としては、痛みはありません。
あと、目視で黒い箇所が多数あり、右下6番臼歯は甘いものや硬いもので少しツーンとした違和感を感じることが時々あります。
黒い箇所はその歯に限らず、多数あります。
上の左右1番は15年前に神経を抜いていて、痛みはないですが、歯間の黒ずみが強いです。



お尋ねしたいのは、

まず、レントゲンに写らず、でも目視で黒い痛みのない虫歯は、やはり削ってみないと進行具合、治療の必要性はわからないのでしょうか。

削ってみて虫歯でなかったら、白い詰め物をすることで済ませることはできないのでしょうか。


治療してもらうかどうか悩ましく、相談させていただきます。よろしくお願いします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2017-12-21 09:48:52
>まず、レントゲンに写らず、でも目視で黒い痛みのない虫歯は、やはり削ってみないと進行具合、治療の必要性はわからないのでしょうか。
>削ってみて虫歯でなかったら、白い詰め物をすることで済ませることはできないのでしょうか。

んんん…

結論から言えば「口頭で説明を受けるだけでなく、マイクロスコープによる動画撮影や口腔内写真撮影をしてもらい「虫歯(?)の状態を目に見える形」で説明してもらった方が、理解、納得がいくと思いますよ。

状態や歯科医の得意不得意によってクラウンになるか、白い詰め物で済むかは変わってきます。


削る前に納得のいく説明を受けられるのが先決だと思います。

回答 回答2
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2017-12-22 10:59:48
こんにちは。

虫歯治療は侵襲性の高い治療ですから考え方が分かれることがよくあると思います。

黒い部分で研磨しても落ちないならば健康な歯のミネラル分は溶けてしまい色素が進入しているのでしょうから、それを除去したほうがよいのか?どうかについては確かに削ってみなければ下のことはわからないというのは正解です。

また黒い部位がどこなのか?によっても虫歯治療介入が必要かどうかが分かれると思います。
樹脂と歯の接着剤の部位に色素が進入していて黒いのであれば尚悩ましいということになると思います。


虫歯治療をするということは健康な歯の部分も少しは削りますということなので、治療介入すべきかどうかすべての歯科医はいつも悩ましく考えつつ様子をみていると思います。

象牙質まで細菌感染が進んでいるのか?いないのか?についてまたその細菌がどの程度悪さをしているのか?については20倍程度に拡大してもわからないのですが、マイクロスコープで歯科医と視認を共有できればご不満やご不安が払拭される場合もあると思います。


そういうタイプの方であれば積極的にそういう治療に投資(多くで自費治療でしょう)されるのはよいことだと思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: cannaさん
返信日時:2017-12-22 18:43:35
櫻井先生、早々にご回答いただきありがとうございました。
お礼を申し上げるのが遅く、申し訳ありません。


口腔内の写真は何枚か撮られ、その画像を見ながら

「自覚症状やこの画像を見て、どの歯が気になりますか?」

という質問から、もし治療するならこの歯からスタートしましょうかというところまで話が進んでいます。
ただ、

「削ってみないとわからない」
「だけど削ればその後は白い詰め物ではなく、保険外の白いクラウン保険内なら銀歯

と言われ、本当に治療に踏み切っていいものなのか、悩ましい日々でした。
しかし、虫歯かもしれないのに何もしないまま進行させるより、何かしら処置をしていただいて歯を大事にしていきたいと思います。

ありがとうございました。




ふなちゃん先生

歯科医師の先生が診断されるときの悩ましい点も踏まえて具体的に詳しくお答えいただき、本当にありがとうございました。
受診した医院の先生に相談をしながら口腔内の健康に努めたいとおもいます。

本当にありがとうございました。



タイトル レントゲンに写らない虫歯の治療の必要性について
質問者 cannaさん
地域 非公開
年齢 33歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 虫歯治療
レントゲン写真
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日