? 歯科医・衛生士の歯磨き・長時間睡眠の虫歯リスクについて

歯科医・衛生士の歯磨き・長時間睡眠の虫歯リスクについて

相談者: ざくさん (22歳:男性)
投稿日時:2018-07-18 20:52:00
歯科医師衛生士の皆様にご質問です。

歯磨き時間は合計何分ですか?(歯磨き時間の内訳も教えてください。)
お使いの歯ブラシ歯磨き粉の種類を教えてください。

上記以外で歯磨きでここはこだわっている、特に力を入れていることがありましたら教えてください。


続けての質問になってしまうのですが、休日によく10時間くらい寝てしまったり、昼寝してしまったりします。
長時間睡眠や歯磨きをしないままの昼寝はやはり虫歯リスクは上がりますか?

よろしくお願い致します。
[過去のご相談]


回答 回答1
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2018-07-19 00:01:25
こんにちは。

歯科医師歯科衛生士も成人後に資格を取得しますから皆歯並びや歯の元々の条件が全く個人個人で違いますからあまり参考にはならないように思いますが、私の場合は一日1回は必ず10分程度掛かって歯面の汚れを可及的に取る時間を設けています。大抵時間のある就寝前です。

使用しているのは音波ブラシのプリニアです。歳も歳ですから(50過ぎ)時間がかかってしまいます。高濃度1500ppmFのフッ素入りジェルで磨き、仕上げはナノハイドロキシアパタイト入り歯磨き粉を使用しています。

プリニアの他には4sの歯間ブラシフロスも使用しています。

修復物もありますが長期間問題は起きていません。

舌のポジションを変えるトレーニングをしましたから大変でしたが睡眠時は仰向けで熟睡出来ており舌は口蓋についています。
ストレスから来る不調を無くす為にサプリも飲んでいます。


父がヘビースモーカーでしたから小児期に副流煙をたっぷり吸っていますからあらゆるところで問題を抱えやすかったのですが舌のトレーニングとサプリのお蔭て快調に過ごしています。

修復物の出来不出来よりも力のコントロールは大切になります。
不足している栄養素を補うと力のコントロールには優位に働く事を実感しています。

ストレスは溜めないようにされたほうが良いですよ。


時々ホワイトニングをすれば歯についた汚れを根こそぎとってくれますからお手入れは楽になりますが大抵毎日1回は10分は歯磨きしています。

歯磨きは割と簡単に苦痛なく習慣になり気持ちよいですからしっかりされると良いと思います。

朝、昼御飯の後は少し休んだ後さっとプリニアで磨いています。
時間もないですし短時間でエチケット面からも大丈夫です。

歯がピカピカよく磨かれていれば社会生活上も困らないでしょう。


個人個人で全く生活習慣も問題点も異なりますから全く参考にはならないでしょうが、一応お答えしてみました。

歯科衛生士さんに指導と評価を繰り返してもらいつつ貴方に必要な歯磨き法をマスターされるのが一番確実だと思いますから歯科医院を上手に利用してトラブルが少ない状態を保つようにして下さい。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ざくさん
返信日時:2018-07-19 18:31:59
船橋先生、回答頂きありがとうございます。
お忙しい中、とても具体的な内容ですごく納得することができました。

ありがとうございます。



タイトル 歯科医・衛生士の歯磨き・長時間睡眠の虫歯リスクについて
質問者 ざくさん
地域 非公開
年齢 22歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 虫歯その他
歯磨きに関する疑問
予防関連
衛生士関連
その他(歯科医師関連)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日