回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2014-10-22 17:00:42
就寝中はどちらにしても唾液が殆ど止まりますので、口腔内の細菌は非常に繁殖しやすい環境になります。
(日中の唾液量が安静時と食事の時とで合わせて500mlぐらいと言われていますが、就寝中は一晩かけてその10分の1ぐらい)

ですのでそれを逆手に取って、寝る直前に歯磨きを頑張って、出来るだけ細菌数を減らした上で、フッ化物を口に入れて(歯磨剤を使って歯磨きをすればいいです。※フッ素むし歯予防効果がありますが唾液や水で流されてしまうと効果が減弱します)それからマウスピースをしてしまえば、歯にとってはむしろ良い環境を就寝中維持することが出来るのではないでしょうか。

その為にも、正しいブラッシングの技術はかかりつけの医院でしっかり練習して身につけておいて下さいね。

2人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: romaさん
返信日時:2014-10-23 08:49:21
渡辺 徹也先生
何時も有り難う御座います。

今回も早急にご回答して頂き感謝いたします。
大変にお詳しく納得いたしました!
その様にしたいと思います。
有り難う御座いました!



タイトル 就寝中のマウスピースは不潔になり歯周病が進む心配はありませんか?
質問者 romaさん
地域 非公開
年齢 65歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯軋り用マウスピース・ナイトガード
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日