保険での前歯の抜髄が心配

相談者: ちゃつさん (28歳:男性)
投稿日時:2018-02-06 15:26:51
よろしくお願いいたします。

初めて前歯抜髄をしました。

前回の治療が深かったことから神経が刺激され、インフルエンザになったんですが、その体調悪化で症状として出たと言われました。
前回の治療から約三年、何もなかったのにショックです。
ただ、前回の治療には不満はありません。
いい先生でした。

それに、神経を残すために丁寧に治療した結果です。
そのうち何本かは神経がやはり…ってこともあるのは理解しております。


しかし、今回はもう金銭的な余裕がなかったこと、時間もなかったことから、別の歯医者さんに行きました。

一応勉強して、保険だけど、歯内療法専門医の方を探したのですが…治療は裸眼、ラバーダムとかなかったです。

これが不安で仕方ありません。
人柄はいいんですが…


もう治療始まっているので、終えるまでは通わないととは思ってますが、再治療までもう一度お金をためて、次(がないのが一番ですが…)がきたら、前の先生に戻りたいです(先にこっちに来なよって怒られたらやだなー)


お聞きしたい点は以下です。

@前歯は裏を埋めるだけだからと言われました。
個人的には差し歯にしたくないのですが、歯が脆くなると聞きます。
差し歯にしないって普通なんですか?


A変色が嫌だな〜と思ってるんですが、これは防ぐとかはできないのでしょうか?


B変色した場合、どんな方法があるのでしょうか?


C実際、歯の寿命はどうなるのか、どう大切にしたらいいのでしょうか?


Dお答えにくいかもですが、そんなに保険治療は内容がダメですか?


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2018-02-12 23:25:54
残念ながら上顎の前歯部の保険根管治療ラバーダムを使っている歯科医は少数派だと思います。
私も使っていません。


@ 前歯で歯質が残っている場合はレジン充填を選択する事はあると思います。
ただかみ合わせ咬合力、残存歯質、などにより総合的に判断されると思います。


A 正しい操作をして歯髄の隅角部に取り残しをしないようにすると変色は少なくなると思います。


B 変色の場合は内部漂白か差し歯にするかラミネートベニアなどが考えられると思います。


C 当然虫歯になりにくい生活をすること、歯に負担がかかり過ぎない生活をすることだと思います。


D なんでもそうですが、保険がダメで自費が素晴らしい訳ではないですよね。
誰が根管治療をするかだと思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ちゃつさん
返信日時:2018-02-13 09:15:19
柴田先生ありがとうございます。


個人的には差し歯にしたくない気持ちがあります。
それは、自分の歯を削るのも嫌で、いけるところまでは自分の歯で、そこから何かあれば他を考えたいなと。

ただ、噛み合わせなどは素人ではわからないので、希望を伝えた上で主治医と相談をしてみます。


あと、追加でお聞きしたいのですが、上顎前歯ラバーダムを使わない方が多いのはなぜでしょうか?

以前、おそらくこのサイトで上の前歯は唾液の侵入がしにくいためと聞いたことがあります。


また、今回は上の歯茎に綿?みたいなものを挟んでました。
それぐらいの処置で唾液などの侵入が防げるということでしょうか?
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2018-02-13 11:18:05
一旦ラバーダムを装着さえすれば、後の治療がやり易くなるメリットは大きいのですけどね。
患者さんも楽だと言われます。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ちゃつさん
返信日時:2018-02-13 13:54:33
藤森先生ありがとうございます。

治療がやり易くなるメリットもあるんですね、知りませんでした。

とりあえずこれからの治療は途中でやめないようしっかりと通いたいと思います。


道具ではなく、人が治療するっていうことを信じて治療を受けたいと思います!



タイトル 保険での前歯の抜髄が心配
質問者 ちゃつさん
地域 非公開
年齢 28歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 根管治療の治療法
ラバーダム
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total   今日 今日   昨日 昨日  
現在 人が閲覧中