根管治療後の補綴はクラウン・インレーどちらが良いですか

相談者: ねむりさん (19歳:女性)
投稿日時:2018-03-26 17:22:34
膿んだ歯の被せ物治療について伺います。

以前虫歯を神経を抜きたくないという私の希望で残して治療していただきました。
ですが、治療後三ヶ月ほどずっと激痛があり膿んでいたようで一年後発見、治療に至りました。

数ヶ月前より膿治療をし、ついに次回詰め物になるのですが、被せ物か詰め物どちらにするべきか悩んでいます。
穴は真ん中をくり貫いた形になっています。

なので、歯科医からは

「次回被せね」

と言われましたが、詰め物でもいけるのでは…と思っています。
ここは通院している先生に聞こうと思います。


一般的には被せ物と詰め物、どちらの治療がいいのでしょうか?
将来的な再治療、二次カリエスのような面の可能性も十分に検討して総合的に判断していただきたいです。

また、被せ物の長所/短所、詰め物の長所/短所も詳しく教えていただけると幸いです。
[過去のご相談]


回答 回答1
  • 回答者
細見歯科医院の細見です。
回答日時:2018-03-26 17:35:50
>一般的には被せ物詰め物、どちらの治療がいいのでしょうか?

残存歯質の量、かみ合わせ、主治医の考え等で変わってきます。



>将来的な再治療、二次カリエスのような面の可能性も十分に検討して総合的に判断していただきたいです。

被せか詰めるかよりもどの様な予防をするか等の方が遥かに2次カリエスの発生には重要だと思います。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2018-03-26 18:03:35
根管治療後は、被せ物の方が一般的だと思います。




タイトル 根管治療後の補綴はクラウン・インレーどちらが良いですか
質問者 ねむりさん
地域 非公開
年齢 19歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 詰め物、インレーその他
クラウン(差し歯・被せ)その他
補綴関連
根管治療後の詰め物・被せ物
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日