レジンは3〜5年で交換が必要なのですか?

相談者: Shinchanさん (60歳:女性)
投稿日時:2018-04-23 18:10:39
歯科治療でレジンの耐久年数が3〜5年ぐらいでメンテナンス交換をしていますと言われました。
そんなに短い期間で歯を削って交換するのでしょうか?

そのペースで削っていたら歯がなくなってしまうのではないかと思いますが、ご意見よろしくお願いいたします。


回答 回答1
  • 回答者
細見歯科医院の細見です。
回答日時:2018-04-23 18:22:15
二次カリエス等にならなければ基本交換する必要はないと思います。

着色などは研磨等で対応できる場合も有ります。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: Shinchanさん
返信日時:2018-04-24 08:35:10
ありがとうございます。

危うくうのみにするところでした。
歯ほど強度のあるものはないと思っていますので大切にします。
回答 回答2
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2018-04-25 10:48:24
こんにちは。

きちんと歯と接着修復されていれば10年以上問題ないことが殆どでしょう(20年以上問題なく機能出来ているケースも出てきていると思います)。

使用している材料や技術力の不足や省略があれば問題を生じるでしょうが、通常であれば材料の劣化程度で大きな問題にはならないと思います。

材料の劣化で顕著なのは着色変色でしょう。
見た目が悪化した場合は詰め替えをすすめられる事もあるでしょう。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: Shinchanさん
返信日時:2018-04-26 08:34:40
コメントありがとうございます。

レジンの色の変色している部分が数年たっても特に範囲が広がっている感じもしないので、しばらく様子を見てみます。
参考になりました。
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2018-04-26 14:45:52
Shinchan さんこんにちは

現在のレジンの性能はかなり進歩しています。
私が卒業した20年前とは全く比べ物にならないほど耐久性や耐摩耗性、色艶の変化への正常がアップしています。


ラバーダムをしてきちんとした手順で治療をすれば10年以上は表面の研磨などすれば十分持つと思います。

ただ、保険診療で時間やコストに追われながらのレジン充填ではそこまでの予後は期待できないかもしれません。


やり直しは歯の寿命を短くします。
長期的な予後を望まれるのであれば、レジンの得意な先生に保険外できちんと治療していただくのが良いかと思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: Shinchanさん
返信日時:2018-04-26 17:55:45
コメントありがとうございます。

本当に丁寧にラバーダムを使用して確実に長く使えるようにしたいのですが、今まで行った歯科(かかりつけも含む)ないのですよね。

あまりこのような処置は歯科医はやりたがらないのでしょうか?



タイトル レジンは3〜5年で交換が必要なのですか?
質問者 Shinchanさん
地域 非公開
年齢 60歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ レジン(白いプラスチック)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日