右上奥歯、保険外の根管治療と親知らずの移植

相談者: ささなさん (36歳:女性)
投稿日時:2018-09-14 07:39:16
右上奥二番目の根の治療続けてもらっていたのですが、菌が全部なくならない状態のようで、保険外の治療かそれともそのまま冠をして様子を見るか、親知らずの移植をすすめられました。

保険外の治療は成功率や、治療してから何年くらいもつのか教えていただきたいです。

親知らずの移植も、今根がうまくいっていないまま冠をして様子をみて違和感でてきたら抜歯し移植できるか聞いたところ、痛みがでてきたときには歯の骨にも影響がでてたら移植できないから早いほうがいいといわれました。

保険外も高いお金を払って何年ももたないのであれば、親知らずの移植を考えています。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2018-09-14 07:48:27
ななかまどさんこんにちは。

右上奥二番目の根の治療を行っているが、経過がよくないのですね。
そこで、保険外の治療かそれともそのまま冠をして様子を見るか、親知らずの移植をすすめられたのですね。

誰が治療するかで、保険自費問わず経過は変わってくると思います。
これは先生の腕による差です。

一方で、患者さんの状態によって(個体差)も経過は変わってくると思います。
ですから、保険外の治療は成功率や治療してから何年くらいもつのかそれぞれ変わってくると思います。
目安は先生の腕、歯が割れやすいなどのリスクがありますので、先生にどのくらい持つか聞いてみるのがよいと考えられます。

親知らずの移植は8割くらいですが、歯牙移植インプラント治療よりも行っている歯科医院が少ないのが現状です。

痛みがでてたら移植できないから早いほうがいいといわれておりますが、インプラントよりも歯牙移植は、歯根膜があるので再生能力は良いと個人的には思いますので、痛みが出たら難しいとは個人的には?です。




タイトル 右上奥歯、保険外の根管治療と親知らずの移植
質問者 ささなさん
地域 非公開
年齢 36歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 根管治療に関するトラブル
親知らずの移植
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日