右顎の付け根から上下顎にかけての痛みと虫歯治療の関連

相談者: haPさん (48歳:女性)
投稿日時:2018-12-29 23:41:10
4〜5日前から右顎の付け根から上顎、下顎にかけて、じわっと痛みが拡がるという症状が始まりました。
痛みは3〜4分ほど持続してじわっと消えていきます。

始めはそれが一日に何回かだったのが、昨日からは頻度が上がって困っています。
原因はよくわからなくて不安です。
顎関節症などはないです。


実は、右上4を治療中で現在仮詰め(12月上旬に処置)しています。
これが関連あるのかないのかも、よくわかりません。

右上4は抜髄はせず、型取りをして、年明けには金属詰め物を入れる予定です。
かなり悪い虫歯だったようです。

右上4は訳あって型取りしてから仮詰めで2か月ほど経過しています。


大学病院通院につき、月一ほどしか治療してもらえないうえに、どうしても金属詰めを飛ばさなきゃな状況があって、このようになりました。

この右上4ですが、最近では飲食、歯磨きなどで激しい知覚過敏を起こすようになっています。
咬合痛は仮詰めの当初から若干ありますがひどくなっていません。また、打診痛なども全然ないです。


主訴であるタイトルの顎の痛みが、食事中など右上4の知覚過敏と関連あって起きる場合もありますが、ほとんどは無関連に発生します。
ただ、食事をしたらず知覚過敏とあごの痛みが必ず両方発生してきます。
発生した両方の痛みが一時的に引けば、あとは何ごともなかったように食事してしまえます。


年明けの診察まではもうどうすることもできません。
とりあえず、右上4の知覚過敏についてはシュミテクト直塗りで対処しようとは思っています。
しかし、気が滅入ります。


このような状況ですが、この顎の痛みは右上4と関係がありそうでしょうか?
よろしくお願いします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2018-12-30 07:01:08
>年明けの診察まではもうどうすることもできません

冬季休暇明けまで待てないようでしたら、休日診療当番医で相談なさってみてはいかがでしょう。

休日診療当番医は、お住まいの自治体の広報紙、または、ホームページを参照してください。

お掛かりの大学病院に当直医がいるようでしたら、そちらで相談なさってみるのも一法かもしれません。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: haPさん
返信日時:2018-12-30 11:18:57
そうしてみます・・。
有難うございました。
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2018-12-30 16:58:29
右上4との関連性は、この場では判りません。

只、一般的な話として、封鎖性の低い材料での仮詰めのまま1〜2ヶ月も経過させない方が宜しいようには思われます。
細菌がより深部に侵入すれば、場所がはっきりとした痛みから、場所がわかりにくい、じわ〜っとした痛みに変化することは考えられます。




タイトル 右顎の付け根から上下顎にかけての痛みと虫歯治療の関連
質問者 haPさん
地域 非公開
年齢 48歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 虫歯、知覚過敏の痛み
虫歯治療後の痛み
むし歯 治療後の痛み
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日