歯性上顎洞炎で抜歯したが軽い痛みが続き不安

相談者: KMKMさん (42歳:女性)
投稿日時:2012-04-15 15:15:09
参考:過去のご相談
抜歯後に上顎洞と交通した穴が塞がりつつあったのに再び開いた?
他多数


いつもありがとうございます。

左上の6番を先月に抜歯しました。
軽い歯性上顎洞炎で、上顎洞と交通していましたが、今は閉じているようです。

鼻の調子も悪くなく普通の状態ですが、抜歯する前から痛かった膿の袋を取った場所が、食べたり飲んだりするとしみるようにしばらく痛く、夜になると痛くなってくることが続いています。
隣の歯の知覚過敏とかとは違うように思います。


原因の歯を抜いても、膿の袋があった場所にもう一度膿が溜まることがあるのですか?

もし溜まってきた場合、抜歯の穴に肉が盛ってきたら膿は自然になくなっていくのでしょうか?

炎症のあった場所は痛みが長引くのでしょうか?



主治医の先生は今は経過観察で、抗生物質を飲んで様子見るくらいと言ってました。

お忙しい中すいません。
痛みが続いてると不安になってきてしまって何度もいろいろ質問しています。
よろしくお願します。


回答 回答1
  • 回答者
細見歯科医院の細見です。
回答日時:2012-04-15 17:11:47
>原因の歯を抜いても、膿の袋があった場所にもう一度膿が溜まることがあるのですか?

原因歯と膿の袋を取ればもう膿が溜まる事はありません。



炎症のあった場所は痛みが長引くのでしょうか?

感染が有った場所は傷の治りは悪くはなります。


主治医の云うように現在は経過観察中という事だと思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: KMKMさん
返信日時:2012-04-15 17:58:51
細見先生お忙しい中ありがとうございました。



タイトル 歯性上顎洞炎で抜歯したが軽い痛みが続き不安
質問者 KMKMさん
地域 非公開
年齢 42歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 上顎洞炎(蓄膿症)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日