欠損や差し歯多数。大学での咬合治療に時間がかかり顔貌にも影響

相談者: rowさん (46歳:女性)
投稿日時:2018-09-01 14:58:50
40代にして口腔状態が悪いです。
左上臼歯2本抜歯後、1年ブリッジをし、酷い痛み→自然脱落後、懲りてしまい3年治療を止めていました。

状態は、左上5,6番欠損、右下奥6,7欠損(10年経過)、上前歯左右1,2が20年間差し歯です。
また下前歯左右1,2,3以外は神経を抜き、ブリッジだった所を噛み合わせ治療を多数の医院で受け、現在仮歯になってしまっています。

大学病院保険治療を始めました。
しかし、丁寧な治療をすると説明をされ土台を調整したり、仮歯を被せたり、一度に沢山はしてもらえません。
開始から2ヶ月たって仮歯を作ってもらえる、という具合です。
また、少しいじるだけで、左目が落ちているように見えます。
人前で眼鏡を絶対外せません。

自由診療だと全然やり方が違うのでしょうか。
確かにここまで酷ければ機能回復が第一目的ですが、2ヶ月以上顔が戻らない、否、さらに酷くなりこれからが不安で仕方ありません。

”チョコチョコやるから治らないんだよ、一挙に変えないと治せない。”などと、初診でかかった自由診療の若い歯科医師に言われなことがあります。
(そうなのだろうか、と受け流しましたが。)

後々、支障がでるなら1年間の治療も我慢するのですが、金額の事より、経験値やノウハウが民間の専門医の方があるという場合は、そちらで進めてみたい気持ちもあります。

当然、屈指の大学病院でチームリーダーをされていれば、経験も多数お有りで良い治療が受けられると信じていますが、一度に何人も見ながらの診療、不安な事も話しにくいです。
歯のことは考えなくて良い、考えるのはこちらだと仰るのですが、説明されない理由は研究目的の場合もあるかも知れず。。

身内の結婚式も差し迫っており、挨拶などしなくてはならないですし、このままでは情けない思いをせねばなりません。


判断のポイントなどございましたら、助言頂きたいと思います。

どうぞ宜しくお願いいたします。
[過去のご相談]


回答 回答1
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2018-09-01 15:18:09
46歳で色々と問題を多く抱えておられるようですが、顎関節にも問題があるのでしょうか?

想像ですが、悪くなっていったのは小学生の頃の歯が永久歯に生え変わる頃からでしょうからかなり長期間かかって現状になられているのではないでしょうか?

治し方としては、上下フルマウスで治す方法もありこの場合割と早期に治療目標を決めて全顎仮歯にしておき、しばらく馴染むかどうかを見極める方法というのもありますし、一部ずつを治して多くを変えずに治す方法もあるでしょう。

時に矯正治療を入れたり外科を入れたりする場合もあるでしょう。

どの程度のことを望まれていてどの程度を目標にされるかは様々なので、お書きになられていることからだけではなんともいえないと思いますし、治療法も進め方もかなりのバリエーションがあるので正解はないように思います。

大学病院の治療は元々診療時間自体が一般開業医より短く設定されていませんか?
大学に残っていると大学の使命である教育・研究・臨床の3本柱とそれぞれの雑用がありますから、臨床だけを行える環境にはないことがほとんどだと思います。
ですから一般開業医のように自費を出せば早く治療を進めてくれるということを期待されても無理ではないかと思います。
治療箇所が多ければ多いほど年単位での治療になってくるように思います。


>説明されない理由は研究目的の場合もあるかも知れず。。

さすがにそれはないでしょう。
研究目的の場合(人体実験)承諾書が必要になりますし、大学の事前審査も必要になるでしょうから研究でさせてくださいといった事前の書面でのやり取りがなければ普通の治療の範疇でしょう。

各施設によって行えることが限られますから高額でも早く治療を進めてもらいたいのであれば一般開業医のほうが融通がきくのではないかと思います。
大学病院での治療が安心感があるのでよいという方は多くおられます。
歯科治療に何を求めておられるかでお決めになればよいでしょう。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: rowさん
返信日時:2018-09-01 23:58:12
└Dr.ふなちゃん 様

わかりやすいご回答頂き、ありがとうございます。


>想像ですが、悪くなっていったのは小学生の頃の歯が永久歯に生え変わる頃からでしょうからかなり長期間かかって現状になられているのではないでしょうか?


子供の時から歯は大きく顎が小さくて食いしばりが強い習性で、矯正失敗しました。
奥歯が磨けておらず銀歯になってました。
20代で歯の色を気にして差し歯にしてしまいました。
猛省しています。



>歯科治療に何を求めておられるかでお決めになればよいでしょう。


治療について、どこまでで納得するか個人差があるということで、そこが見合ってなければ、治療も辛い。
こころのうちは、まだ若いので出来るだけ自然に感じに見えたい、と要求高めだと思います。。。

何故保険診療にしたか。

技術や経験値というより、保険診療の限界はあるだろう、という理解は出来ているのですが、難症例のようですので歯科医師選びも簡単ではありません。
また土台から完全に治すということは膨大な時間がかかり、そこを目指すべきではないという所で落ちました。
(これ以上悪くならならい(なり辛い)処置をするという方に傾いています。)


自由診療の(フルマウスの)歯科医院で断られることも多いです。
(前の差し歯の正中が歯の半分くらい右にズレていて、おそらくそれは奥歯が整わないといじれない)
治せる所は、単純計算でも10万×28本の治療費を言われますがこの先の人生治療しないで済むとはいいきれません。。
インプラントにしなら尚更--。)】


2ヶ月目の今は、少し触れば片方の鼻が詰まったり鼻水が出たり、眉間に皺が出てしまったり、強い不安が隠せません。
大学病院の先生は、私のように若い患者も皆と同じ、特別視しないと言い切ります。
でも、このままでは悪くなる一方、臆さないでやってみようと仰り、治す意志を強く持つよう仰います。
メンタルが持つか自信ありませんが、しばらくは様子を見ていこうと思います。。。

歯で冗談抜きで人生が変わってしまいましたことは、自分の責任ですが、しばしば辛い闘いです。


長文ご拝読頂きまして、ありがとうございました。



タイトル 欠損や差し歯多数。大学での咬合治療に時間がかかり顔貌にも影響
質問者 rowさん
地域 非公開
年齢 46歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 抜歯:複数の歯(臼歯部)
クラウン(差し歯・被せ)のトラブル
噛み合わせに関するトラブル
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日