根管充填後2か月、歯を指で揺らすと痛い

相談者: gejigejiさん (50歳:女性)
投稿日時:2020-02-22 16:43:20
お世話になっております。
よろしくお願いします。

根管治療後、充填、CRで仮詰めして2か月の右上5番がまだ指で揺らしたり、仮詰め部分に爪で叩くと少しだけ痛みがあります。

歯周病の治療中で、まだ土台やクラウンは作成しておりません。
右では噛まないようにしているので、噛み締め痛はありません。


担当医には食いしばりや歯ぎしりを指摘されていて、食いしばり改善の指導や、クラウン作成後にナイトガードを作成する予定です。

朝起きた時だけではなく、日中も揺らすと痛むので感染して再治療が必要になるのでしょうか。


とても不安です。
よろしくお願いします。
[過去のご相談]


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2020-02-23 07:00:28
>指で揺らしたり、仮詰め部分に爪で叩くと少しだけ痛みがあります

何かを確かめるかのように、わざわざ刺激を与えるのは如何なものかと思います。

心配に思うの歯があるのでしたら、安静を心がけてお過ごしください。


>食いしばり改善の指導

どのタイミングで、どのように行われるのでしょうね。

私だったら、修復の前に行うかと思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: gejigejiさん
返信日時:2020-02-23 07:40:11
小林先生
お忙しい中ご返答ありがとうございます。


充填までは全く痛みが無く治療が進んでいましたので気になって確認してしまっていました。
これが原因で炎症を起こしてしまっているのでしょうか。


食いしばりは、意識して歯を合わせないようにしたり、時計やTVやPC他、目のつくところにポストイットを張ったりして意識するようにしてみるように教えてもらいました。


予約が1か月間隔なので不安になってしまいます。
すみません。
回答 回答2
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2020-02-23 08:16:54
こんにちは。


根管治療は個人の免疫が感染を上回るように治療しているだけですから、感染源がなくなったわけではありませんので誤解されないようにして欲しいと思います。

感染源をなくそうとすると抜歯になります。
ご存知のように抜歯すると噛めませんから健康を損なうことに繋がるため残しにくい感染が進んだ歯をなんとか残して再度機能させようと試みているのが、感染根管治療歯周病の治療の併用という事になります。


ダメージを受けた歯は周囲組織が傷んでおりその回復に時間がかかります。
回復途中は絶対安静が必要です。

炎症からの回復は個人差が大きいですから歯科医にできるだけの事を行ってもらった上で自己修復していただかなければいけません。


仮蓋まで進んだという事はおかかりになった歯科医の根管からの治療は終わってますという状態ですから、それでご自身の力で問題ない状態にまで進めるのか?を経過観察されているのでしょう。

歯根端切除や抜歯に至らずに再度機能できるかどうかの見極めの時期に指で触らないで欲しいと担当医は思われるのではないかと想像します。


ご不安が強ければ別の歯科医(根管治療の専門医)に再治療を受ける事はできるのかもしれませんが、徐々に良くなっているならば安静を心がけられしばらく様子見されてはいかがでしょうか?

回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2020-02-23 09:53:42
根管治療は一種の外科手術になると思います。
神経や血管や結合組織を切断してその断端に生体以外の異種材料を置いてくる方法だと思います。

であれば術後の不快症状が残る事は当然だがあり得ると思います。


個人的な根管治療なゴールは普段の生活であまり歯の事を気にせず生活できることです。
その範囲で収まると良いですね。


どちらにしても上記のお二人の先生の回答のように安静が必要かと思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: gejigejiさん
返信日時:2020-02-23 15:37:45
船橋先生、柴田先生
お忙しい中ご回答ありがとうございます


根管治療は大変な治療だということがよくわかりました。

治療すぐに元の自分の歯のように気にせずいられるものだと期待しすぎていたのかもしれません。

今後は触らず安静に過ごします。


柴田先生のその範囲と言われるのは現在の痛み程度で収まると良い方だという意味でしょうか?
安静に過ごしていなかったせいで、もっと大きな痛みになる可能性が大きいのでしょうか?
回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2020-02-23 19:34:31
普段の生活であまり歯の事を気にせず生活できることという範囲に収まっていく事を期待するという意味です。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: gejigejiさん
返信日時:2020-02-23 19:54:24
柴田先生
度々ご回答ありがとうございます。


気にせず生活できるくらいに治癒できるようにこれからは安静に過ごしたいと思います。
ありがとうございました。
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: gejigejiさん
返信日時:2020-02-24 00:46:58
これからは安静に過ごすようにしますが揺らした時、爪で叩いた時の痛みがずっと変わらず、歯ブラシが当たると痛かったのは無くなりましたが、日を追うごとに減少していく感覚はないということは、根管治療が上手くいかなかったということでしょうか。

自分が歯周病になったばかりに、すぐに土台を入れられない状況で仮詰めが数か月続き感染してしまったのでしょうか。


1か月前の検査では歯周ポケットは3mmで動揺無しとのことでしたが、自分で指でつまんで揺らすとその歯だけ揺れる気がしました。



過去の質問回答を見ていると、打診痛があるということは根管治療が上手くいかなかったとの回答も多く、絶望的な回答や逆に打診痛は数か月続くこともあるとの回答もあり、これから安静にしていれば再治療せずに済む可能性もあるのでしょうか。



タイトル 根管充填後2か月、歯を指で揺らすと痛い
質問者 gejigejiさん
地域 非公開
年齢 50歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 神経の無い(神経を取った)歯の痛み
歯科治療後の歯の痛み
歯がグラグラする
根管治療後の痛み
根管充填
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total
今日 今日
昨日 昨日