自費のダイレクトボンディングとインレー、隙間ができにくいのは?

相談者: pistachioさん (26歳:女性)
投稿日時:2020-06-10 12:22:53
こんにちは


大臼歯補綴について

大臼歯には強度面からセラミックや金属のインレーがいいと言われていますが、インレーを歯にくっつけるための接着剤が劣化しその隙間から二次カリエスになってしまいます。


強度面から大臼歯への自費ダイレクトボンディング治療はおすすめしないという先生もいますが、ダイレクトボンディングは直接歯に接着するので隙間から虫歯になる可能性はインレーより低くなるのでしょうか?


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2020-06-10 15:08:25
pistachioさん、こんにちは。

>強度面から大臼歯への自費ダイレクトボンディング治療はおすすめしないという先生もいますが、ダイレクトボンディングは直接歯に接着するので隙間から虫歯になる可能性はインレーより低くなるのでしょうか?

その先生の技術力に大きく左右されます。
私個人は歯の状態次第では普通に大臼歯でもダイレクトボンディングを勧めることはあります。

何でもかんでもダイレクトボンディングで行けるとは思っていませんが、絶対に大臼歯には無理!とも思っていないです。


その先生が何の治療を得意としているかに大きく左右されると思いますよ。


ご参考程度にしていただければと思います。

回答 回答2
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2020-06-10 15:26:50
こんにちは。


臼歯といってもどの部分が修復物に含まれているか?で変わります。

ダイレクトボンドは歯と強固に接着させられますが、強度が歯よりも弱いので噛み合わせを維持する部分には使えません。

奥歯の噛み合わせはとても大切ですり減らない素材が望ましいからです。


臼歯用のレジンがあるので奥歯にも使えるようになりましたが、金属やジルコニアよりは強度が劣りますからね。


実際のケースで適応可能なのか?は噛み合わせやガイドや歯並びや修復物に含む位置などを診て歯科医が判断することになりますから、ご希望はお伝えになり診断と治療計画は歯科医に立ててもらい説明してもらうのが良いと思います。




タイトル 自費のダイレクトボンディングとインレー、隙間ができにくいのは?
質問者 pistachioさん
地域 非公開
年齢 26歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ レジン(白いプラスチック)
詰め物、インレーその他
お勧めの詰め物・インレー
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total
今日 今日
昨日 昨日