回答 回答1
  • 回答者
クレア歯科クリニック(杉並区阿佐谷北)の平岡です。
回答日時:2018-12-11 20:42:18
Babymamiさん、こんばんは。

再利用というのは、もう一度Babymamiさんにくっつけるという意味ではなく、資源として例えば金属のように溶かしてもう一度使うということでしょうか?

もしそういう意味でしたら、セラミックは再利用できません。
また、金のようにそのもの自体に高価な価値があるわけでもありません。

もしそのセラミックがメタルボンドという、金属の鞘にセラミックを積層して作ったものであれば、金属部分だけは金属として再処理し、各成分ごとに製錬することにより、再利用(歯科に限らず金属として)できます。


ご参考になれば幸いです。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: Babymamiさん
返信日時:2018-12-12 11:27:38
平岡先生

おはようございます。
早速にありがとうございます。

再利用とは、取れた差し歯を、清掃したりし、土台もメンテナンスして再度取り付ける、という意味です。

説明が下手ですみません(^_^;)


そういえばなんですが、その差し歯は今通院してる歯科医で作製し、今回、差し歯が取れて(土台が折れた?)見せに行ったら、

「この差し歯古いから新しいの作りましょう」

と、再度使えそうなニュアンスの含みもあったもので質問しました。



タイトル セラミッククラウンは再利用できるか?
質問者 Babymamiさん
地域 非公開
年齢 50歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ オールセラミック(陶器の被せ物)
クラウンが取れた・外れた
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日