糸をより合わせたような紐状の歯科材料。名前を忘れたので知りたい

相談者: ねこまたさん (55歳:女性)
投稿日時:2016-02-27 09:10:28
こんにちは。
いつもお世話になっています。

数日前に左上5番の差し歯が取れ、治療法を探していました。

歯根歯茎の上に出ていない場合について、接着修復という考え方を歯チャンネルで教わり、歯科を調べていて、レジンと同時に「糸をより合わせたようなひも状のもの」を使う方法で成功しているという図がありました。

歯科の場所が、ちょっと通えない距離だったので、その時はスルーしました。

けれども、近くでかかる予定の先生が、治療のためのお話をよく聞いて下さる先生なので、「こんな方法はどうでしょうか」と、ご相談したいと思いました。

違うご専門の勉強にお忙しい先生なので、差し歯関係のことはお詳しくないと思いますが、図を見れば、有効かどうか一目で判断していただけると思います。

けれども、私のパソコンの不調のため、過去の履歴が閲覧できないし、その時のキーワードも忘れてしまい、ずっと探しても同じHPに行けません。

歯科材料の「糸をより合わせたようなひも状のもの」の名前で検索すれば、他に出てくるのは専門的なページかメーカーのページがほとんどなので、見つけられると思います。

「糸をより合わせたようなひも状のもの」で、差し歯をするためのポスト、もしくはポストの補強に、歯根の中に入れそうな歯科材料は、何というものでしょうか?

歯科の先生なら、すぐにわかることと思いますが、素人の私には、探しようがありませんでした。


教えてください。よろしくお願いします。
[過去のご相談]


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2016-02-27 09:44:03
おそらくファイバーリボンのことでしょうね。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ねこまたさん
返信日時:2016-02-28 09:30:01
櫻井先生、ありがとうございます。

探していたHPがありました!という報告をしたいと願いつつ、鬼のように検索をさせていただきました。

そのページは見つからなかったのですが、同じような考え方の説明のページを少し見つけられました。

ありがとうございました。



タイトル 糸をより合わせたような紐状の歯科材料。名前を忘れたので知りたい
質問者 ねこまたさん
地域 非公開
年齢 55歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 材料・機材関連
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日