医療ミス?歯牙移植で固定を外す際に健全歯を削られた

相談者: -ふみ-さん (41歳:男性)
投稿日時:2018-05-28 10:54:36
連続投稿申し訳ございません。
質問ごとに、掲示を別にした方がご回答しやすいと思い別けさせていただいております。

いつもお世話になっております。
ここでボランティアで丁寧にご回答いただいている先生方に感謝しております。

さて、今回の質問は、「誤って健全歯を削ってしまったことは医療ミスになるか」です。


私は、この度左下5番の位置に左上8番(大臼歯)を移植しました。
移植なので、暫間固定をしますが、左下5番と左下4番(健全歯)を固定しました。

暫間固定を外す際に、エナメルボンドを削りましたが、その時に、誤って歯質も削ってしまったようです。

そのことを、担当医師に伝えましたが、その先生は以前から失敗を誤魔化すことが多く、その時も誤魔化した回答だったため、呆れてしまって突っ込んで聞きませんでした。

私の左下4番は弧を描くような曲線でしたので、明らかに斜めに窪んでいますからね。

どうせなら、左下6番のメタル冠に固定して欲しかったですが、奥になるため固定しにくいからでしょうかね?



歯科の治療では、少し削りすぎは恐らくよくあるかと思いますが、今回は暫間固定除去時の事例ですので、改めて質問しました。

どうしても、削ってしまうものなのでしょうか?

これは、医療ミスになるのでしょうか?

削ってしまったものはもう修復はできないと思いますが、仮に、誤って歯質も削ってしまったことを先生も認めた場合は、何らかの賠償といいますか、補填といいますか、何かできるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。
[過去のご相談]


回答 回答1
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2018-05-28 11:21:15
こんにちは。

立証が困難で大変なのではないでしょうか?
法で裁いてもらう場合は裁判になるので弁護士の費用はかなり高額でしょう。

しかもたいてい弁護士さんは依頼者からの証拠提示がなければなかなか動いてくれないのではないかと想像します。

医療ミスというのは自分で証拠を集めなくてはいけないので割りと大変なのではないかと想像します。

他の歯科医は日常業務だけでも膨大にありますからあまり関わりたくないでしょうが、大学病院のようなところではセカンドオピニオンを受けることが出来るかもしれません。




窪んでいるところは樹脂で整形してもらうことが出来るのではないかと思います。

そもそも樹脂を歯に固定すると言うこと自体が足場を作りために天然の歯の表面とは異なったものにする作業が入っているのですからその窪みを丸めてもらうかまたは樹脂を窪みに盛って研磨してもらうという程度でよいのではないかという気がします。

残念ですが医療行為とは何かと犠牲をともなう場合が多いので(自然に修復できないことを何とか人為的に行おうとしていることなので)固定のために必要があったので行い後の修復のために必要だから行ったのかもしれません。

また最終的に移植歯は単独で機能させることができるのでしょうか?予後はどうでしょう?
連結が必要であれば最終的にもっと削る必要が生じるのかもしれません。

歯科医との信頼が崩れているようですが短期的なことで感情を害されず長期的視野にたって歯科医に上手く説明を受けたほうがよいように思います。

金属には樹脂はつきませんので樹脂でメタル冠に固定はできないでしょう。治療上やむをえないので4番固定になっていたのではないかと想像します。

歯冠形態に凸凹が大きいとメンテナンスが非常に困難になるので歯冠形態修正という行為は認められています。何がどうなっているのか?についてまず主治医にご自身でも理解できる程度に説明してもらうことが出来るのが一番望ましいのではないかと思います。

ネットではみる事も検査することも出来ませんから評価も出来ません。

解決できないと思います。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2018-05-28 14:21:30
削られたのがエナメル質の範囲であれば表面を滑沢にすることにより虫歯のリスクが下がると思います。

形態が非常におかしくなったのであればエナメルエッチングを併用してのレジン充填で形態を回復させることができると思います。

斬間固定を外す際には慎重に行うべきですし使用する道具も慎重に選択すべきだと思います。

しかしながら100%固定材料だけを外してエナメル質に何も影響しない方法はないと思います。
もちろん実用上影響がないように外す方法を選択すべきだったと思います。

補償に関しては主治医との話し合いが一番先かと思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: -ふみ-さん
返信日時:2018-05-29 12:26:44
>Dr.ふなちゃん 先生

ご回答ありがとうございます。

金属にエナメルボンドはつかないのですね!?
それなら、4番に固定した理由が分かります。

連結をするにしても、6番が既にクラウンのため、5,6の連結になります。
ですから、4番は削られたくなかったのです。


削ってしまった部分の修復はレジン等でできますが、失敗そのものは医療ミスとしての問題にならないことなのでしょうか?


写真があれば分かりやすいですが、近写できず載せることができません。
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: -ふみ-さん
返信日時:2018-05-29 12:34:00
>柴田幸一郎 先生

ご回答ありがとうございます。

歯の横を弧のように溝ができた感じです。

削ってしまったことを認めてくれて、ごめんなさいと言ってくれればそれで仕方ないとは思いますが、「削ってない」と言われてしまうと、何らかの補償をしてほしいと思う訳です。


>しかしながら100%固定材料だけを外してエナメル質に何も影響しない方法はないと思います。
⇒やはりそうですか。
それだと、更に、削ってしまったと言ってほしいものです。

元の歯の形状を覚えておらず、ボンドと思って削ってしまったということにならないようにしてほしいものです。
回答 回答3
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2018-05-30 00:00:27
セカンドオピニオンを受けてください。
問題かどうか教えてくれると思います。

削ってないと言っているなら補償は期待できないと思いますから、それでも補償を受けたいならば御自身が反論できるだけの証拠を集めなければならず大変ですね。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: -ふみ-さん
返信日時:2018-06-02 17:42:31
Dr.ふなちゃん 先生

ご回答ありがとうございます。
セカンドオピニオンの意味でも、他医院で診療しようと思います。

ほぼ、削ってますという答えになるかと思います。
そうなった時、その後、補償を求めるなら難しい手続きになるでしょうね。
中立公的機関があればいいですが。


この相談は、難しい問題のため、解決ということにしたいと思います。
ご回答ありがとうございました。



タイトル 医療ミス?歯牙移植で固定を外す際に健全歯を削られた
質問者 -ふみ-さん
地域 非公開
年齢 41歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 親知らずの移植
歯医者への不信感
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日