顎関節症歴16年、歯科医学が進歩して治る事ってあるんでしょうか?

相談者: トケイさん (31歳:男性)
投稿日時:2017-05-28 06:22:15
14歳の時から顎関節症です。

16歳の時に口腔外科親知らずを抜いてもらいました。

その時の歯科医師

「左下6番の銀歯が平らになっている。
これが原因で顎関節症になっているかもしれないですねぇ。
前の歯科医師は貴方のことを思ってやったのでしょうが・・・」

と気休めもありました。

その後に、銀歯の冠を交換してもらいました。
それでも顎関節症は治らず。

マウスピース作ってもらいましたが、

「治るかどうかわからない」

と言われてました。
その後、なぜか親が捨てました。

今となっては顎関節症で指三本分しか口開きません。
一生治らないとも言われたこともあります。

矯正も考えましたが、それでも顎関節症は治らないと言われています。
その最初の歯医者訴えたいくらいなんですが、今更ですよね。

今後、歯科医学が進歩して顎関節症が治る事ってあるんでしょうか?
[過去のご相談]


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2017-05-28 07:00:23
>最初の歯医者訴えたいくらいなんです

その気持ちがあるのでしたら、弁護士など法律の専門家に相談してください。


>今後、歯科医学が進歩して顎関節症が治る事ってあるんでしょうか?

通院が大変かもしれませんが、少なくとも隣都府県ぐらいまでは受診範囲を広げることを検討し、顎関節症診療センターとか、顎関節治療部とか専門性を謳っている大学病院で相談なさってみてはいかがでしょう。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2017-05-28 07:36:28
西山です

顎関節症が治らず・・・

顎関節症についてどの程度説明を受けましたか?
説明によってどの位顎関節症のことを理解できましたか?

顎関節症という疾患をまずは正しく理解することが大切です,その後,ご自身の状況についても正しく理解することが大切です.

顎関節症という表現は,複数の病態に対する総称です.
つまり「風邪」という表現と同じです,「風邪」にも熱風邪,鼻かぜ,咳風邪などいくつかの病態がありますよね.顎関節症にも
 
【痛みについて】
咀嚼筋痛障害
顎関節痛障害

【顎関節内の異常について】
顎関節円板障害(復位性,非復位性)
変形性顎関節症

と,いくつかの病態があります.

それぞれ治療方法と治療目標が異なってきます.

>顎関節症が治るとは

関節円板の位置異常については,正常な位置に戻すことを”治る”という目標にするのであれば,治らないということがほとんどだと思います(手術を行うなら別ですが).

ただ,関節円板の位置異常については無症状の人でも3割程度生じていることがわかっていますし,予後もよいこともわかっています.


>最初の歯医者訴えたいくらいなんです

何に対して訴えるのでしょうか.
診断ミス? 治療ミス? 説明不足?

いずれにせよ⒗年くらい前のことであれば資料は残っていませんので,困難だと思われます.

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: トケイさん
返信日時:2017-05-28 20:33:03
小林先生

田舎ですので、専門医のいる県立病院は物凄く遠いのですが検討します


西山先生

顎関節症の説明は5分くらいでしたね。
図書館で顎関節症の本など読んである程度の事まで調べましたが、完全に理解しているとは言えないですね

症状については自分がどれに当てはまるかはわからないですね。
非常に難しいです。

銀のクラウンが真っ平らで噛み合わせ悪くって顎関節症になったかもしれないということが原因なら訴えたいくらいだと思ったんですが、17年くらい前だと難しいですよね。
残念です。

現状維持程度で頑張ってみようと思います

お二方ありがとうございました。



タイトル 顎関節症歴16年、歯科医学が進歩して治る事ってあるんでしょうか?
質問者 トケイさん
地域 非公開
年齢 31歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 顎関節症
歯医者への不満・グチ
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日