直接覆髄治療を受けてから4カ月経過しても痛みが変わらない

相談者: pistachioさん (26歳:女性)
投稿日時:2020-08-22 17:20:55
こんにちは


4月に前歯の裏に二次カリエスがみつかりました。
先生が削っても削っても検知液に染まると言って削り続けた結果露髄したそうで水酸化カルシウム剤で直接覆髄治療を受けました。
マイクロスコープ使用、ラバーダムなし)


この日までは無症状でしたが治療の翌日から冷たいものがあたるとものすごくしみます。

2〜3秒ほどで治るのですがかなり冷たいものだと数十秒しみます。
熱いものも冷たいもの程ではありませんがしみます。


第二象牙質ができたら落ち着くだろうと思っていたのですが治療を受けてから4ヶ月経ちましたが最初の頃と同じレベルでしみます。


どういう状況が考えられますか?
これからどうすべきでしょうか?
[過去のご相談]


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2020-08-22 23:19:23
直接覆髄後の充填がうまく接着しておらずリークしていて細菌の侵入があるのかもしれないと思います。




タイトル 直接覆髄治療を受けてから4カ月経過しても痛みが変わらない
質問者 pistachioさん
地域 非公開
年齢 26歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 虫歯、知覚過敏の痛み
虫歯治療後の痛み
むし歯 治療後の痛み
覆髄・覆罩(覆ずい・覆とう)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total
今日 今日
昨日 昨日