前歯にジルコニアの連結冠が入っている場合、歯列矯正中はどうする?

相談者: meroさん (24歳:女性)
投稿日時:2010-05-03 14:36:17
⇒参考:過去の相談
「ジルコニアクラウン+ファイバーコアの撤去について」
他多数


土台ファイバーコアジルコニアオールセラミッククラウンが連結で入っている場合(上前歯の右2から左2)矯正する際はどうするのが一般的ですか?
抜歯は避けたいので安全な方法を教えてください。

1、クラウンを撤去して仮歯にする 
2、連結を切り離す。連結してるブリッジを単独に切り離し、その歯をさらに小さく削ると割れちゃいますか?
(スピード矯正で隙間を埋めたため、歯を動かすための隙間がないのです)

2を選択してセラミックに矯正装置をつけた場合、歯を動かし終え装置をはずすとき、どのように修復しますか?
(セラミックだと少し表面を削らないと装置が取れませんか?)

その場合、削った部分は一般的にはレジンで埋めて修復するのでしょうか?
そうした場合、その部分だけ、着色する可能性が出てきますか?
[過去のご相談]


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2010-05-04 02:50:18
meroさまこんばんわ。

一般的には仮歯に交換することになると思います。

矯正治療が終われば,再びオールセラミックを作り直すことになると思います。




タイトル 前歯にジルコニアの連結冠が入っている場合、歯列矯正中はどうする?
質問者 meroさん
地域 非公開
年齢 24歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯列矯正(矯正歯科)その他
ジルコニアクラウン
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日