治療の意図と違う結果になった時の歯科医の心境は?

相談者: Babymamiさん (50歳:女性)
投稿日時:2019-02-02 18:19:41
お世話になります。

治療はテストで治療はできません。
治療は常にテストなき本番です。

万が一、治療した先生の意図とは別のベクトルに向かった場合は、どのような心境になりますか?
[過去のご相談]


助言 助言1
助言者: ぎんなんさん
助言日時:2019-02-02 22:43:20
Babymamiさん

歯科医師として責任と誇りを持ち、ボランティアで回答されている諸先生方に対して、この質問は大変失礼だと思います。

Babymamiさんの質問を読ませて頂きましたが、同じような内容を何回か投稿されていますね。
先生方が丁寧に回答されているのを今一度お読みになり、内容をメモに書き出しまとめてみてはどうでしょう。そうすれば今後どのようにするべきかみえてくる
のではないでしょうか?

医師も人間です。
相性の合う合わないも勿論あります。
自分がちょっと苦手と思えば、大抵相手も同じように思ってるはずです。
空気を読んで(医師に媚びへつらえという意味ではありません)、賢い患者になることも大切です。
Babymamiさんの歯の問題が早急に解決されるのを願います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: Babymamiさん
返信日時:2019-02-03 10:42:20

今回の件で転院など今後の話(詰問に近い)を先生にしたら、

・土台を作り直すための実験台になる
・若手(歯医者)なら抜歯をしたがるからテスト台だ
・他の歯医者に行っても治療に文句をつける(今回通っている先生の治療を批判する)
前歯はそんなに見えないから大丈夫

などの発言に愕然としました、代金も全額支払い済みなので・・・

同じような質問をしたのは転院先を探していて、今の主治医、電話で問い合わせた別の歯科医、と、こちらでの解答が違う場合があるからです。




>医師も人間です。
>相性の合う合わないも勿論あります。
>自分がちょっと苦手と思えば、大抵相手も同じように思ってるはずです。

一応、私も人間です。

また、医者にも患者との相性が有る前提でお話する事も、ボランティアで解答いただく先生たちには大変失礼です。

なぜなら「相性は関係ない、どんな患者にも真摯に対応する」考えの先生がほとんどなはすです、違いますか?

回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2019-02-04 11:02:27
>万が一、治療した先生の意図とは別のベクトルに向かった場合は、
>どのような心境になりますか?

最善の努力をした結果、自分の意図した方向とは違う結果になったしまったのであれば、その原因を再考し、対策を考え、次にどうしたらよいか?を考えます。


>「相性は関係ない、どんな患者にも真摯に対応する」
>考えの先生がほとんどなはすです、違いますか?

現実的には「そこまで聖人にはなり切れない」医師、歯科医師の方が多いと思います。
(僕もそうです)


>患者を選んでるって受け止める人も中にはいますよ。

そう受け取られれば仕方がないですね。
少なくとも、僕は患者を選びます。


担当する歯科医師が感情を持った人間であるのと同じで、対象(患者さん)も機械ではなく、意思や感情を持った人間です。

僕も聖人ではありませんので「患者さんから感謝されたい」と言う気持ちがあります。
だからこそ、常に全力で患者さんに対応したいと考えています。

しかし、だからこそ

 (僕の話を聞かず)一方的に自分の意見だけを通そうとする人
 他の患者さんに迷惑をかけるような行為を行う人

は診療をお断りすることがあります。


それこそ(マスコミの言うように)「歯医者はコンビニ良い多い」のですから、僕よりも相性の良い歯科医はいるはずです。
相性の良い歯科医に診てもらった方が「僕が嫌々行う治療」よりも確実に良い結果になるはずです。


また、患者さんとの信頼関係があればこそ「ダメ元」で「チャレンジングで」「実験的な」治療を行う事もあります。


僕もぎんなん さんの書かれているように最終的には「相性」だと思います。

参考まで。

3人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: Babymamiさん
返信日時:2019-02-04 11:39:22
櫻井先生

おはようございます。
お世話になります。

>>万が一、治療した先生の意図とは別のベクトルに向かった場合は、どのような心境になりますか?

>最善の努力をした結果、自分の意図した方向とは違う結果になったしまったのであれば、その原因を再考し、対策を考え、次にどうしたらよいか?を考えます。

→口は人が生きていく為の最初の入り口で最重要な部位と考えます。
最善の努力をするのは基本中の基本です。

言われなくても常に最善を尽くしてくれてる、と思って治療を任せます。


>>「相性は関係ない、どんな患者にも真摯に対応する」
>>考えの先生がほとんどなはすです、違いますか?

>現実的には「そこまで聖人にはなり切れない」医師、歯科医師の方が多いと思います。
(僕もそうです)

→聖人との表現が合ってるか不明ですが治療に於いて「最善の努力をする先生が聖人」と仮定して話しても良いですか?
理想を言えば先生に未来を委ねてる患者の心構えや気持ちは理解できますか?


>>患者を選んでるって受け止める人も中にはいますよ。

>そう受け取られれば仕方がないですね。
>少なくとも、僕は患者を選びます。

→先生が患者を選ぶ権利もあります。
患者が先生を選ぶ権利もあります。


>担当する歯科医師が感情を持った人間であるのと同じで、対象(患者さん)も機械ではなく、意思や感情を持った人間です。

→当然です。

>僕も聖人ではありませんので「患者さんから感謝されたい」と言う気持ちがあります。
>だからこそ、常に全力で患者さんに対応したいと考えています。

→ほとんどの患者は全力で治療をしてくれてると思っています。


>(僕の話を聞かず)一方的に自分の意見だけを通そうとする人
> 他の患者さんに迷惑をかけるような行為を行う人は診療をお断りすることがあります。

→診察のスタイルの考え方として当然かと。
お医者さんに限らずレストランや美容室など、ありとあらゆる所で共通の考え方かと、


>それこそ(マスコミの言うように)「歯医者はコンビニ良い多い」のですから、僕よりも相性の良い歯科医はいるはずです。相性の良い歯科医に診てもらった方が「僕が嫌々行う治療」よりも確実に良い結果になるはずです。

→マスコミの話は鵜呑みにしません。
私は、話し半分です常に。

以前にも、こちらに投稿しました「よい歯医者さんの選び方ありますか?」と。

相性が良いだけで必ずしも治療が成功するとも限りません。
診察は常にナマモノと私の尊敬する歯科教授の言うように、初対面の印象で相性が分かったらお互いに困りません。

相性とは、自分の先入観とプライドが許せない相手と判断する事です。

相性の良し悪しで患者の治療部位を治すベクトルが変わるという事ですか?
そんな事は無いと思います。


>また、患者さんとの信頼関係があればこそ「ダメ元」で「チャレンジングで」「実験的な」治療を行う事もあります。

→気持ちは分かります。
が、治療の前にダメ元で治療しますが良いですか?くらいの断りを入れますよね、櫻井先生なら。


>僕もぎんなん さんの書かれているように最終的には「相性」だと思います。

→相性云々の考え方も理解します。
初対面の患者を自分のフィルターにかけて相性が良いかって判断してるだけでは?

さて、相性が合う人・相性が合わない人、しかし病状は全く同じだった場合は、治療の成功確率は変わりますか?

櫻井先生いかがですか?
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2019-02-04 15:45:08
>「最善の努力をする先生が聖人」と仮定して話しても良いですか?

であれば、僕は聖人ですね(笑)。
どんな人にも最善の努力はします。


>相性が合う人・相性が合わない人、しかし病状は全く同じだった場合は、治療の成功確率は変わりますか?
>櫻井先生いかがですか?

僕は変わると思います。

僕は相性の悪い人と対峙した時、マイナスのストレスを受けながらも、100%のパフォーマンスを発揮できるように努力をします。
相性の良い人を治療する場合、僕は自分自身の100%以上のパフォーマンスを発揮できることに喜びを感じます。

どちらも僕としては最善の努力をしています。
もしかしたら、前者の方がより多くのエネルギーを消費しているかもしれません。

その結果、前者では最善の努力をしたにもかかわらず95%の結果しか出せないかもしれません。
後者の場合、120%の結果を出せているかもしれません。

相性の悪い人にも100%以上のパフォーマンスを発揮できる人を聖人と呼ぶなら、僕は聖人ではありません。


だからこそ、お互いにとって「相性」は重要だと感じています。

3人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: Babymamiさん
返信日時:2019-02-04 18:14:48
櫻井先生

お世話になります。
お返事ありがとうございます、恐縮です。

診察中は治療に集中しますよね?

相性が壁になり本来の力を出し切れない場合がある、という事ですか?

相性とは信頼関係が先だと思います。
初対面の患者を前に相性の良し悪しは分かりますか?

私的には信頼関係があって初めて相性に繋がると思います。

信頼関係があって初めて治療に対して、

「ダメ元で治療する」「難しい治療だが万が一の時はごめん」

と、なるのではないでしょうか?

相性が大事なのは人間関係で出てきます必ず。

文章からは推測できませんが相性とは、好き嫌いも含んでるのでしょうか?

仕事のスタイルは自身で決められるので患者も強制はできないですね。

ありがとうございました
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2019-02-04 19:00:40
>初対面の患者を前に相性の良し悪しは分かりますか?

分かります。
特に相性の悪い方は瞬時に判ります。

相性とは少し別の問題ですが、治療内容について、その方なりの拘りをお持ちの方もたまにいらっしゃいます。

勿論、その治療法で治癒が望めるのであれば、それで良いのです
が、治癒を望めない場合などは、どうしてもお断りせざるを得ません。

一旦、治療を引き受けた以上は、基本的には治す義務が生じますから。
その場合、結果的には患者さんを選んだことにはなりますね。

4人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2019-02-05 01:16:16
>初対面の患者を前に相性の良し悪しは分かりますか?

苦手なタイプの患者さんもいますね。
クラスの中でも合わない相手だったり苦手な相手がいるようなものだと思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: Babymamiさん
返信日時:2019-02-05 06:25:08
藤森先生・柴田先生

おはようございます。
お世話になります。

苦手意識(好みでない)からくるストレスは誰にでもあります。

「相性」のキーワードに拘ると行き詰まりますね。

患者も「この先生は患者の私に対して苦手意識を持っている」と、察すれば行かなくなります。

また先生は立場上、患者に対して、苦手意識がある素振りは見せない事が多いかと。

現在通院している先生は通い始めた頃と、現在とでは人が変わってしまいました。

その先生に、私の知人を患者として過去に何十人と紹介しましたが、今はもう、若年の患者は診察しない、高額な自費診療をすすめる、など。

今回、作り直した歯で動揺があり、口臭の原因となっていた差し歯、土台の部分が外れてました・・・、そしたらいきなり、これはインプラントしかないな、と言われました。

これはレントゲンで分かったのですが、そのレントゲンを見て歯科助手と、笑いながら

「土台がずれちゃってるよこれ、ありゃりゃ」と・・・

こうなると相性とか苦手を飛び越えて私も笑うしかありません。

ありがとうございました。



タイトル 治療の意図と違う結果になった時の歯科医の心境は?
質問者 Babymamiさん
地域 非公開
年齢 50歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯医者への不満・グチ
その他(歯科治療関連)
その他(歯科医師関連)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日