アマルガムをレジンに交換する際に歯に亀裂が入ることはあるか?

相談者: 花井さん (45歳:男性)
投稿日時:2020-01-21 10:50:56
施術をする歯医者さんのことなので一切わからないので教えてください。


アマルガム除去の施術で歯に亀裂(歯茎の中)を入れられてしまうことなんてあるのでしょうか?


神経のある、右上2番の歯なのですが、アマルガムを白色のレジン充填に付け替えました。

長年入っていた歯茎のちょっと奥まで入り込んだ範囲です。
素人目からみてそれほど大きい範囲ではないので中の下くらいの範囲です。


その施術後のタイミングあたりからその歯で噛むと痛みを感じるようになりました。

そこで素人のわたしは、アマルガム除去の施術で歯に亀裂を入れられてしまったのではないか?という心配です。
わたしが心配する領域ではないと思うのですが、人間のすることなのであり得ると、タイミングが一致したことで考えてしまいます。

そのことを施術してもらった歯医者さんにあててみたのですが、否定されました。


極めて曖昧な質問ですが、先生方はどのように考えられますか?
教えていただけますでしょうか?
[過去のご相談]


回答 回答1
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2020-01-21 14:58:46
こんにちは。


前歯の治療でアマルガムを除去してもらいレジンにやり変えてもらったのですね?

どういうふうに治療すれば亀裂を生じる可能性があるか?について考えてみましたが想像できませんでした。

通常、アマルガムを前歯の見える位置に詰める事はないので歯の裏側だったのだろうと想像してみました。

アマルガムは比較的削りやすい金属ですからダイヤモンドバーで簡単に削り取る事が可能でしょう。
削り取る際には亀裂が入ることはないだろうと思います。

次に歯面の薬剤処理をしますが、そこでも亀裂は入りません。
レジンを詰めて固めて形態修正をして研磨する事になると思いますが、亀裂が入ることはないでしょう。


ですから噛むと痛みが生じるようになったのは亀裂が入って非可逆的な問題を生じたのではなく、単に噛み合わせの治療がは十分なのではないかと想像出来ます。

治療後に不具合があるならば決めつけて言われるのではなく歯科医にしっかりみていただき治療を上手くしてもらえるように頼まれるのが良かったのかな?と思いました。


想像に過ぎませんから実際にどうなっているのか?については行った歯科医によくみてもらうことが必要でしょう。




タイトル アマルガムをレジンに交換する際に歯に亀裂が入ることはあるか?
質問者 花井さん
地域 非公開
年齢 45歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 歯科治療後の歯の痛み
歯の痛み その他
歯のヒビ(ひび割れ)
レジン(白いプラスチック)
アマルガム
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total
今日 今日
昨日 昨日