6番を咬合調整後、顎が疲れているような感覚で顎から耳にかけて痛み

相談者: まいかさん (37歳:女性)
投稿日時:2012-09-08 20:53:41
6番が痛み、当たりが強いとの事で、削って調整をしてもらいました。
(左下7番は抜歯済みです)

その後、2週間程は大丈夫だったのですが、顎が疲れるような…、ズレているような…

顎から、耳の辺りにかけて、痛みがあり、気になります。

これは、

@6番を削って調整をした事に関係ありますか?

もし、関係あるなら

A高さを足してもらうことなんかは出来るのでしょうか?
(6番は、治療済みで銀歯です)

Bそれとも、しばらく様子を見たら、慣れるのでしょうか?


お忙しいと思いますが、よろしくお願いします。
[過去のご相談]


回答 回答1
  • 回答者
細見歯科医院の細見です。
回答日時:2012-09-08 20:58:02
>@6番を削って調整をした事に関係ありますか?

可能性は有るかもしれませんがここでは判断できません。



>A高さを足してもらうことなんかは出来るのでしょうか?

銀歯ならたす事は出来ません。
やるとすれば作り直しです。
(その前に仮歯で調整して)



>Bそれとも、しばらく様子を見たら、慣れるのでしょうか?

診断が出来ない以上慣れるとは言えません。

5人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2012-09-08 23:15:25
まず、少なくとも担当の先生には、実際に「(左下6番の)当たりが強い」と見えたのだと推測出来ます。
(また、何故、左下7番の抜歯に至ったのでしょうかね?)

これも推測でしかありませんが、もし仮に、多くの方の6番を削って調整したとすると、おそらく、特に症状の出ない方が多い一方で、顎・耳に明らかな症状が出る方も、何名かおられるものと思われます。

もし高さを足して、仮に、削って調節する前の状態に完全に復元出来たとします。
おそらく、非常に高く(元よりはるかに高くされたように)感じられるようになると予測します。

いずれ、新たな様式の(従来と少しだけ異なった)顎の機能(口を開けたり・閉じたり・複雑な動きをしたり等々)を獲得することで、耳の症状が軽減・消失する可能性はゼロではないと思いますが、これから先の推測は非常に困難です。

あくまでも参考程度になさってください。

2人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2012-09-09 08:17:31
色々質問が出てきますね(^^ゞ

ネットでの相談ですからなんとも言えないことがほとんです。

今の先生を信頼はされていますか?? 

もし信頼できなければ、違う医院で診ていただくのもいいかもですよ。 

3人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2012-09-09 20:27:08
こんばんわ。

ご心配な、お気持ち、お察ししますが、ネット上では、はっきりと回答しにくいです。

また、あまり、あれやこれやと、情報を集め過ぎますと、がんじがらめになり、動きがとりにくくなります。
担当の先生を信じて、よく、相談してみましょう。


さて、……

>@ 6番を削って調整をした事に関係ありますか?

※ あるかもしれません。


>A 高さを足してもらうことなんかは出来るのでしょうか?
>(6番は、治療済みで銀歯です)

※ 銀歯に足すことはできないです。
  作り直しになります。


>B それとも、しばらく様子を見たら、慣れるのでしょうか?

※ 全体的な咬みあわせ・咬み癖に、問題があるのかもしれません。歯科過剰負荷症候群(DOS)かも、しれません。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: まいかさん
返信日時:2012-09-10 14:36:57
お忙しい所、お返事頂きまして、ありがとうございます。

左下7番を抜歯した事が、物凄くショックです…

Aの歯医者は、先生も物凄く感じが良くて、信頼して治療をお願いしていました。
なので、左下7番の根の治療をやり直しましょうと言われた時もよろしくお願いします。
と、信頼してお願いしました。

でも、根の治療が完了してから、痛みが出て物が噛めなくなりました。
歯医者に行って、レントゲン撮って診て頂いても、異常が無いと言われ…
歯医者に行き、異常無しと言われる…と言うことを繰り返しながら4年程過ぎましたが、一向に良くならないので、Bの歯医者に行って、診て頂いたら根には薬は入っていません。
ネジみたいなものが、歯を貫通して歯茎に刺さっています。
最近では、歯を痛めるから、こういう治療はしないんだけどな…
と、言われました。

そして、最終的には、どうにも耐えられない痛みが出て、抜歯となりました。

そのまま、Bの歯医者で、部分入れ歯を造って頂いたのですが、調整をなかなかしてもらえず、調整をしてもらえても、何処が痛いのかとか聞かずに調整を始めるので、まったく改善が見られませんでした。
最終的には、上の歯と、まったく噛み合わない状態になり、もう、調整は出来ないから、半年は来ないでほしい、みたいに言われました。

その後、6番に痛みが出ましたが、半年は来ないでほしい、みたいに言われていたので、Bの歯医者には行けず、Aの歯医者に行きました。

そしたら、6番の銀歯を外して、根の治療をやり直しましょうと言われました。
もう、これ以上は怖くなってしまい、削って高さを調整するだけではダメですか?と聞いたら確かに当たりは強いようだし、レントゲンで診ても根には異常無いのでそのようにしたいのなら、そうします。
でも、根本的な解決になっていない事を覚えていて下さい。
と、言われました。

6番を削ったら、今度、4番と5番が当たりが強いので、削りましょう…と、4番と5番は治療もしていない健康な歯です。
さすがに、そこを削るのは、やめてもらったのですが、本当に削らなくて良いのですかと言われました。

高さを調整してもらい、帰ったのですが、不安で、C歯医者に行きました。

痛みを訴えている6番に、異常は無いとの事でした。
そのかわり、左上6番が歯周病だそうで、今は、C歯医者でその治療をお願いしている所です。

こんな状態で、歯医者に対する不安が大きくなってしまい、つい、こちらの先生方に相談をお願いしてしまいました。

自分でも、気にしすぎなんだ、とは思ってもこれ以上、歯を失うのは避けたいという思いが強くなってしまい…
申し訳ありません。
回答 回答5
  • 回答者
回答日時:2012-09-10 15:10:51
>6番を削ったら、今度、4番と5番が当たりが強いので、削りましょう・・・と、


おそらく、本当に、そう見えたのだと思います。
実際に当たりが強くなっていて、それまでの症状が出ていたのかもしれません。
決して悪気があったわけではなかったと思いますよ。

でも、やめてもらったのは良かったです。

もし可能なら、何故、左側の当たりが強くなったかの原因を探るのも、一案だと思います。




マウスピーススプリント)によって、耳の症状が一時的に軽減する可能性は推測されます。
只、装着時の違和感はとても強いと思われます。

TCHの是正は、最も推奨出来る方法だと思います。
但し、その是正は非常に難しいかもしれません。
(個人的な推測)






もし、何か身体的特徴がありましたら、相談なさってください。
身体の使い方で、左右差が大きいと感じる事などありませんか?




タイトル 6番を咬合調整後、顎が疲れているような感覚で顎から耳にかけて痛み
質問者 まいかさん
地域 非公開
年齢 37歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯の痛み その他
噛み合わせ(咬合)治療
噛み合わせに関するトラブル
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日