? マージンマジックテクニックができる歯科医の探し方について

マージンマジックテクニックができる歯科医の探し方について

相談者: danditさん (52歳:男性)
投稿日時:2019-01-29 17:21:59
お世話になります。

20年以上前の保険治療跡が複数ありますが、自分の歯と金属の段差が激しくフロスが引っ掛かる状況です。
既に隠れた二次カリエスはあると思っています。

実は現在矯正治療中で虫歯予防のために食事や清掃の見直しを行っており、その中で発見した次第です。


材質につては最近のセラミックは進化したとは聞いていますが、なるべく長持ちする治療と考えると、現在でも金が最も良いと理解しております。

そこでマージンマジックテクニックを行っている歯科医院で、マイクロスコープラバーダムを使用し、ある程度ディスカッションしてくれる医院を探していますが、ネット検索すると意外に出てきません。


マージンマジックテクニックは行うが、拡大鏡しか使っていない医院とか、やっていても豪い遠くだったり。
私は東京在住ですので隣接県なら行こうと思っています。

特殊な経験や道具も必要な技術でしょうから、できる医院をどうやって探せばいいでしょうか?
矯正治療終了後ですので後1年以内に探し出そうと思っています。


よろしくお願いします。
[過去のご相談]


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2019-01-29 17:35:11
>ネット検索すると意外に出てきません。

そうだと思います。
個人的にはマジックマージンテクニックをしっかり行っている歯科医は(日本中で)数名しか知りません。
(僕が良く存じ上げている先生は片道3時間くらいかかりますが…)


>特殊な経験や道具も必要な技術でしょうから

マジックマージンテクニックに使うバニッシャーが現在では入手困難で、国内にはほとんど無いんですよね…。


マジックマージンテクニックを得意としているのであればHPには謳っていると思いますので、HPから探すよりほかに方法は無いように思います。

回答 回答2
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2019-01-29 17:44:46
こんにちは。

マージンマジックテクニックとは面白いですね。

ゴールドインレーでの治療をご希望ということなのでしょう。
マージンマジックテクニックというのは誰かが勝手につけた名称ですから(検索ワードでしょうか?)自費できちんとしたゴールドインレー治療を希望されれば、ある程度同じことを行ってくれるのではないでしょうか?

検索をかけてもそのワード自体使っている人が限られるのですからお近くにないのは当たり前でしょう。


歯科治療はマジックは使えずただひたすら地道な作業ですから、ネーミング自体突拍子ないような気がいたします。

精密なゴールドインレー治療を行っている歯科医院を探される事になるのだろうと思います。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答3
  • 回答者
歯科医師の松山です。
回答日時:2019-01-29 19:07:30
マージンマジックという呼称は知りませんでした。
インレーのマージン(辺縁)の適合性を追求したものでよろしいのでしょうか。

これにより封鎖性を高めて、二次カリエスを防ぐようにすることですか。
エナメル質の角が破折して隙間ができることをも防ぐ目的も有します)


このためにはインレー窩縁(窩洞の角になる部分、エナメル質上になる)をわずかに斜めに削合して、角を滑らかに(大工さんは木材での事を面とりといいます)することをします。

これを窩縁傾斜を付与すると言います。
インレー制作にあたっては、この部を(マージンになりますが、)薄く延ばすようにします。
あたかも、餃子焼き上がり時に、俗に言う羽根のようになります。

餃子に例えて、続けると、餃子の本体をさかさまにして、窩洞の中に入りはねが窩縁のところに来ます。
このためには、正確な型取り、技工操作の精密性、を追求します。


インレーが出来上がってきても、さらに適合性を高める操作がありますが、長くなるので割愛します。

羽の部分は薄くなりますが、金合金では柔らかすぎ、歯科理工学で白金加金(合金)を推奨しています。
以上は何も特殊なことではありませんし、当たり前のようにされてきたことです。


私が大学の講義で知ったのは50年以上前の事です。
あまりにも当たり前のことですから、ネットで探しても少ないはずです。
窩縁傾斜のほうが、(確かめていませんが)多くヒットするのではないでしょうか。

マージンマジックは失礼ながら、患者さん集めのマジックのような気がします。
ただし昨今は、CR充填などにより、影が薄くなってきていることは否めません。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: danditさん
返信日時:2019-01-29 19:37:42
櫻井先生、Dr.ふなちゃん先生、松山先生

お忙しいところ、早々のご回答をありがとうございます。


櫻井先生。

やはり行なっている医師は少ないのですね。
東京から片道3時間なら行けますね。
お尋ねしてもお答えできないのは承知しておりますが、ヒントとかありますか?

ただ、拘りを追及しているわけではありませんので、このテクニックではなくとも、セラミック保険治療以上の推奨レベルであれば安心できると思いますが、その線引きがやはり判断しがたいところですね。

因みに櫻井先生のところだと、マジックマージンまではいかなくとも、それに近い処置はしていただけるのでしょうか?



Dr.ふなちゃん先生。

おっしゃる通り、ゴールドインレーでの処置を希望です。
NET情報のみでの考えで、その結論に至りました。

名称については正式名称ではないんですね。
どうりで近所の若先生の歯科医で尋ねたら知らなかった訳です。

ところで、自費で精密なゴールドインレー治療をうたっていれば、必ずしもマイクロスコープは無くても大丈夫でしょうか?




松山先生。

わざわざ詳細のご説明をありがとうございます。
なんとなくイメージがわきました。

先生のご経験からすると、昨今のお若い先生よりも中高年の医師の方々の方が経験されている可能性が高そうですね。
そういう歯科医院を探してみると可能性が高そうですね。

ありがとうございます。
回答 回答4
  • 回答者
クレア歯科クリニック(杉並区阿佐谷北)の平岡です。
回答日時:2019-01-30 10:20:05
dandyさん、こんにちは。

「マジックマージンテクニック」のことを言われているのだと思いますが、これはアメリカの名前は忘れましたがどなたか先生がつけた、セット時にマージンをぴったり合わせるテクニックのことだと思います。

それを原法に忠実にやるとなると、櫻井先生のおっしゃるように、やられている先生は少ないかと思います。


もともと古くからのテクニックですので、比較的中高年の先生で、アメリカに留学して臨床を学ばれた先生、ゴールド修復を得意とする先生あたりを探す必要があるかと思います。

確か、金修復学会?というものもあったかと思いますので、そういうところを調べてみるのも手かと思います。


マジックマージンテクニックができたころと機材や接着剤などは変わってきていますので、原法ではなくとも準じたような方法でマージンをしっかり合わせるという先生は、もう少し多くいらっしゃる可能性があるかと思います。

マイクロスコープや高倍率のルーペは、より精密な治療を行う上であった方がよいものだと思います。
私の場合はですが、一度使ってしまうと裸眼での治療に戻ることはもはや考えれらません。


あまり参考にならず申し訳ありません。

回答 回答5
  • 回答者
回答日時:2019-01-30 13:39:43
マジックマージンテクニックで検索すると何軒かはヒットすると思います。

* 検索結果


ただ咬合面隣接面の一部はこのテクニックができるかもしれませんが、隣接面のコンタクトポイントの下で歯間乳頭側の伸ばしはどうやってやるのかはという疑問を私は持ちます。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: danditさん
返信日時:2019-01-30 18:17:22
平岡先生、ご回答ありがとうございます。


マージンをしっかり合わせて頂く事が希望ですので技術名称は兎も角、出来る先生がもう少し多くいらっしゃるというのは安心しました。

マイクロスコープやルーペの件も参考になりました。
マージン合わせにルーペだけでマイクロを使わない医院を発見したので、それでも精度の確保がある程度担保されるか、疑問に感じた次第です。

いろいろと調べて探してみます。
ありがとうございました。




柴田先生、ご回答ありがとうございます。

疑問を持たれる部分がお有りだということは、現在では完璧という訳ではないんですね。
マジックマージンテクニックに拘っている訳ではありませんので、類似したマージン合わせを行なっている医院を探してみます。


ありがとうございました。
回答 回答6
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2019-01-31 00:13:53
ゴールドインレーを延ばすバーは昔はあったのですが今は販売されていないので、自作または特注品になる為たいていシリコンで削り取りと圧延を併用して行って終わるようになっていると思います。

松山先生の回答の窩縁傾斜は金パラインレーでもレジンでもつけます。
頑丈なエナメル質内に修復物との接合部を移行的に作る為のお約束ですから、どの先生もやっています。

ゴールドインレーの場合は追打すると延びるので薄く延ばして適合させようという思惑です。
あまりに薄くなりすぎると流石に折れる事もあるでしょうが、セメント合着しかなかった時代には優れた方法だったと思います。


現在はレジンがかなり強度が高くなっておりインレー窩洞のように大きく外開きに形成する必要もないので、接着修復のレジン充填の方が評価される時代になってきているかもしれません。

自費で使うタイプのCAD/CAMハイブリッドインレーの方を好む先生もおられますし、素材のバリエーションが豊富になり組み合わせが増えたので別にわざわざ金属を口に入れなくてもよいかもしれません。
セメントも合着ではなく接着タイプが多用されるようになっていますし。


圧延はフロスの引っ掛かりに関係する部位には応用できない為、精密な型取りと精密な模型作りで技工操作をしっかり行ってくれるならばそれでよいかもしれません。

マイクロがあれば動画撮影出来るのであとから確認のために見せてもらうにはよいでしょうが、術者が見るという事ならば拡大鏡でもよいでしょう。

また見せるという事ならば口腔内カメラとスクリーンでという先生もおられますから、拘る部分を間違わなければ割と丁寧に治療をしてくれるところはあるのではないかと思います。


もちろん、全てに拘ってゴールドインレーやっていますという事を言いたいのでしょうから、そういう名前を前面に出している歯科医院ならばゴールドインレーはきちんとした治療を期待できるのではないかと思いますから、せっかくだからそれを頼りに通院してみるというのもよいかもしれませんね。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: danditさん
返信日時:2019-01-31 12:20:12
Dr.ふなちゃん先生、ご回答ありがとうございます。


また、詳細のご説明はとても参考になりました。
素材や接着剤も進化しているんですね。
だから、金に拘る必要がなくなってきて、術者や道具が減ったのですね。

伺ったお話だと、金じゃなくても目的は果たせる事もあるようですから、技工士や医院が告知している得意とする部分なども含め、総合的に探していこうと思います。

どうもありがとうございました。



タイトル マージンマジックテクニックができる歯科医の探し方について
質問者 danditさん
地域 非公開
年齢 52歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ ゴールドインレー(金の詰め物)
詰め物、インレーその他
補綴関連
歯医者さんの探し方・見つけ方
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日