リラックスした顎の位置と噛む位置が合わなくて最終補綴が心配

相談者: kamaさん (35歳:女性)
投稿日時:2021-04-18 09:40:53
矯正終了後、噛み合わなくなった右上6番と左下456番を仮歯にしています。
仮歯にしてもなかなか左右とも違和感があり、しっくり噛めません。
矯正終了後、顎を前に少し出して噛むようになりました。

顎をリラックスさせると後方位になるのですが、そこで噛もうとすると奥歯しかあたらなくなり、前歯が開いてしまいます。
でも噛みたい位置としてはここのようです。

先生に相談すると、中心位と噛む位置が一致する人はほとんどいないから気にしなくていいと言われました。

顎の位置と噛み合わせが合っていない状態で最終的な被せ物をしてよいのか、心配です。
噛む位置がよくわからなかったり、安静空隙ができず、歯と歯がぶつかったり、不安定です。
安静空隙は自然と変化するものなのでしょうか?

このまま今の歯並びに沿って顎の位置を自分で適応させるしかないでしょうか?
[過去のご相談]


回答 回答1
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2021-04-18 10:17:29
こんにちは。

顎の位置をいちいち調整しながら噛む事はストレスになりませんか?

また仮歯の咬む面の凹凸がほとんどなくなって平らになっていませんか?
平らな咬む面では咀嚼能率が低下してよく噛めないとお感じになるでしょう。

修復物や歯の咬む面が平らに近く天然歯形態から遠ざかっていかなければならない人というのはかなりの数おられますが、そうならない為にも安定した顎位を治療時に求める事が大切とされています。
しかし、治療の過程でそれを諦めざるを得ない場合もありますからそのあたりについては説明と同意が必要だろうと思います。

歯科医から説明を受けておられるようですが、これで良いのか?と疑問やご不安が強くてネット相談に至っておられるようです。
できれば別の歯科医にセカンドオピニオンでも初診相談でも良いのでリアルな世界でご相談ください。

治療が可能なのか?
追加治療にはどれくらいの期間と不自由が伴うのか?
追加治療の為の費用はどれくらい必要なのか?
など実際必要になる内容がより具体的にわかるでしょう。

その上で顎位をストレスがない位置で決める為の再矯正を追加されるのか?
平らな冠にして多少顎を前に出しても噛め奥にしても奥歯が当たる終わり方に慣れていくことにするのか?
をお決めになる事になるのかなぁと思いました。

35歳でまだ顎関節の器質的変化が軽度でリウマチなどの骨破壊的な病気を持っていない方だろうというのが前提になります。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2021-04-24 14:33:23
light tapping positionとclenching positionとが一致しないとのことかと存じます。
こうした方は一定の割合おられますよ。

将来、咬み合わせが自然に変化して改善す可能性もゼロではないと思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: kamaさん
返信日時:2021-04-26 08:46:30
ふなちゃん先生、藤森先生

ご回答くださりありがとうございます。
セカンドオピニオンで意見を聞きたいところですが、行ける範囲内で噛み合わせに詳しい医院がなかなか見つからないのです。
仮歯が平らだと顎を前に出しやすいのでしょうか?

噛み合わせの高さによっても顎が後ろや前、右や左に移動するので、もしかすると被せ物で顎の位置はある程度コントロールできるのかなとも思いました。
噛み合わせに合うように顎の位置が変わるには時間がかかるかもしれませんが、とりあえず仮歯を保険の銀歯に変えてもらって顎が安定するかどうか様子を見てみようと思います。
回答 回答3
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2021-04-26 10:39:49
よりきちんとした修復物で様子見をされる事はよくされる治療ステップのように思います。

回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2021-04-26 11:07:08
咬み合わせ調整での解決は非常に困難かもしれないですね。




タイトル リラックスした顎の位置と噛む位置が合わなくて最終補綴が心配
質問者 kamaさん
地域 非公開
年齢 35歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 噛み合わせに関するトラブル
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total   今日 今日   昨日 昨日  
現在 人が閲覧中