ゴールドクラウンは純金だと思っていたのですが違う場合もある?

相談者: タンロさん (28歳:男性)
投稿日時:2011-02-09 00:00:09
⇒参考:過去のご相談
「半年前に保険インレーを誤飲したことが心配になってきました」
他22件



気になったことがありまして続投なのですがよろしくお願いします。

ゴールドクラウンは純金だと思っていたのですが違う場合もあるのですか?

あと例えば83%ゴールドクラウンの場合は金83%と残りはどの様な素材が使われているのですか?
[過去のご相談]


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2011-02-09 00:08:03
純金だと柔らかすぎるので、咬んでいるうちに変形してきます。

なので、金のカラットを落として使います。
また、はじめから落としてある歯科用高カラット金合金を使う事もあるでしょう。

カラットを下げるために何を入れるかは、使っている金属のメーカーによって違います。

技工所、あるいは歯科医院の中には、いわゆる純金を購入し自分のところで金の含有率を下げる工夫をしているところもあります。
その辺のところはお聞きになる方が答えが出ると思います。


参考にしてください。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2011-02-09 09:32:20

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: タンロさん
返信日時:2011-02-09 18:28:18
田部先生、タイヨウ先生ありがとうございます。

ゴールドクラウンでも金の濃度が違うだけで他に含まれている金属は金銀パラジウムとほぼ同じなのですね。

また質問ですが金のパーセントが上がるとクラウンの界面の適合が良くなるのですか?

パラジウム、銅、銀の割合が高くなると金属アレルギーが出やすなったりするのですか?

よろしくお願いします。
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2011-02-10 12:09:28
>金のパーセントが上がるとクラウンの界面の適合が良くなるのですか?

金は柔らかく延びる性質があります(展延性)。
インレーやクラウンのマージンを「なめす」事でマージンフィットを上げる事が可能です。

また、咬んでいるうちに自然と「馴染む」という性質もあります。



>パラジウム、銅、銀の割合が高くなると金属アレルギーが出やすなったりするのですか?

僕は一時期、歯科用金属アレルギーの患者さんを多く見ていた事があるので「リスクあり」と思うのですが、一般には少ないようですので、「気にするほどではない」のかもしれません。

回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2011-02-10 14:17:45
添加する金属にアレルギーがあれば可能性はありそうです。

すみません、タンロさんの過去の相談を見てないのですがお口の中には金属で修復した物は入っていないのでしょうか?

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: タンロさん
返信日時:2011-02-11 02:32:43
タイヨウ先生、柴田先生ありがとうございます。

ゴールドクラウンは使っていくうちに歯に馴染みアレルギーも出にくいという最高の歯科材料なのですね。
予断ですが金券ショップでも売れますもんね・・・


柴田先生へ。。。
保険のクラウンが今12本ぐらい入っています。
色々調べているうちにゴールドクラウンはすごいと知りこれから今まで入れた保険のクラウンで作り変えないとダメになった物を少しずつですがゴールドで作り変えようと思いまして・・・そこでアレルギー、発ガンやらガルバニー電流の事を調べています。

ゴールドクラウンは発ガンやガルバニー電流は起こりにくいのですよね?
回答 回答5
  • 回答者
回答日時:2011-02-11 04:04:08
>柴田先生へ。。。保険のクラウンが今12本ぐらい入っています。

柴田先生じゃありませんが。。。


クラウンが入っているということは、神経が取ってあるんでしょうか。
取ってあろうとなかろうと、大きなムシ歯だったのでしょうね。

なぜ、そこに大きなムシ歯を作ってしまったか考えたことありますか?


「なぜ、ムシ歯になったのか」


それを考えて対策を練っておかないと、材料がどれだけ良くても二次カリエス(二次的なムシ歯)の可能性は残ります。


問題にならないかもしれないガルバニー電流のことを調べるよりもはるかに有意義なことだと思いますよ。


ちなみにゴールドインレーゴールドクラウンの二次カリエスも意外とウチでは見かけます。

どんな材料を使おうが、担当医の技術の差の方が大きいように思えます。
あと、丁寧さとね。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: タンロさん
返信日時:2011-02-11 06:15:55
吉岡先生ありがとうざいます

ようするに治療より予防ということですよね。
保険自費も関係なくいくら良い物を入れようが良い治療をしようが元々の虫歯になった原因を考えなくては繰り返し虫歯になり最後は抜歯入れ歯インプラントになるという事ですよね。

このサイトを見るまで浴びる用に一日中炭酸飲料を飲んでいたのですがもう一切飲むのをやめました。

それまでは頻繁に歯が欠けたり虫歯になったりしていたのですがまだやめて1年ですが全くその様な事がおこらなくなりました。
虫歯や歯周病は全てでは無いと思うのですが自分の欲望がまねくのかもしれませんね。

これ以上自分の歯を失いたくないので虫歯になったら治せばいいやでは無くて虫歯にならないようにするにはどうしたら良いかを考えて小さな事からでも始めようと思って生活しています。
 
良くわからない専門的なガルバニー電流を考えるよりそっちの方が現実的だし健全ですよね。
回答 回答6
  • 回答者
回答日時:2011-02-11 06:28:07
保険のクラウンで使っている合金の成分の多くが、ゴールドクラウンの中にも入っているだろうという推測です。

保険のクラウンでアレルギーがなければゴールドクラウンでも起こりにくいだろうと推測できると思います。

炭酸飲料の飲み過ぎでしたか。
でもよくやめられましたね。
私はアメリカでは絶対管理職になれない肥満体型です。
自己管理ができない人間ですから。

個人的にはキシリトールガムや家庭でのフッ素塗布をオススメしています。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: タンロさん
返信日時:2011-02-15 21:46:12
柴田先生ありがとうございます。

連絡遅れてしまいすみません。
私も長年炭酸を飲み続けた結果かなりの肥満体系です。

キシリトールガム試してみます。

ありがとうございました。



タイトル ゴールドクラウンは純金だと思っていたのですが違う場合もある?
質問者 タンロさん
地域 東京23区
年齢 28歳
性別 男性
職業 無職
カテゴリ ゴールドクラウン(金の被せ物)
材料・機材関連
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total   今日 今日   昨日 昨日  
現在 人が閲覧中