麻酔が取れにくいので歯科治療を躊躇してしまう

相談者: yuki7さん (34歳:女性)
投稿日時:2010-02-27 12:10:22
連投失礼致します。

参考:他の相談
フォトフラッシュで顔脱毛当日、歯科治療のため麻酔しても問題ない?



15年前の誤った手術による後遺症などの要因なのか 麻酔がとれにくくなりました。


それに気がついたのは 3年前 右下の3,4番の間の虫歯治療で麻酔をかけた際1週間ほど麻痺がとれなかった事からです。

3日間は 右端から水や食べ物がこぼれたり、力が口角に入らなかったり 感覚が鈍くなったり・・・


1週間後は上記のことは治まったのですが、皮膚の感覚が左に比べて鈍いのを感じました。
それから1ヶ月後には ほぼ皮膚感覚の鈍さは解消されたように思います。


体が悪くなる前は 麻酔をしても1,2時間程度で完璧に取れていたので体を悪くしてしまった為だと思い、悪くしてから 全身の皮膚感覚が鈍いことやお酒に極端に弱くなったので、神経が弱くなったのかと思います・・。


今も 虫歯が自分で確認できるだけでも4本あり 左下の3,4番の間が噛むと痛く 虫歯と診断されました。

私は早く治療をしたいのですが、3年前のことや また 去年 左下7番の虫歯治療をした際にも麻酔が1週間取れなかったので(麻酔をした箇所に1週間 腫れと痛みが続き腫れていた部分 顎骨に固いしこりが残った)今回も何が起きるのかと怖いです。

今は3年前よりも 体が悪いので、もっと麻痺してしまうのではと思うと・・



歯医者さんに聞いたことろ下3,4番辺りは下層麻痺?(で合ってるかな)になりやすい場所だそうですが、それは歯医者さんの腕 どこに注射を打つかにもよるんじゃないかとも思うのですが、どうでしょうか?

麻痺を恐れて 虫歯を治療しなければ進行してしまうし かといって虫歯治療も麻痺の事を思うと 躊躇してしまい。

ご返答お待ちしています。
[過去のご相談]


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2010-02-27 14:58:51
虫歯がおありなら治療される事をお勧めします。

全ての医療行為にはメリットデメリット(リスク)があります。

そして、メリットがリスクを上回った時に医療行為に正統性が生まれます。


虫歯が進行し放置する事は、麻酔で1週間不具合が生じると言うリスク以上のデメリットになると思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: yuki7さん
返信日時:2010-02-27 15:29:52
タイヨウ先生 ご返答頂きありがとうございます。


医療にはリスクもあるのですね、
麻痺が1週間残る ことよりも虫歯の進行を食い止める方が 先決ですね

去年 奥のを治療した際の麻酔後 しこりが残ったのが今も 残っていて少しずつ小さくはなっています。


でも 私のように 麻酔がとれにくい患者の為に 麻酔以外で 痛みを抑えるようなものが開発されないかな〜と思います。
塗り薬とか 何かでも塗り薬も 麻痺させるから麻酔と同じなのかな・・

今回は ご返答頂きありがとうございました。

最小限に麻酔を抑えて 我慢できるところまでしてみようかと思います。
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2010-02-27 16:53:25
麻酔以外で 痛みを抑えるようなものが開発されないかな〜

そうですね。

残念ながら、歯の神経は非常にデリケートですから、今の麻酔薬による麻酔法が最も安全で確実です。

東洋医学には「鍼麻酔」と言う物がありますが、相当な熟練者でなければ「確実に」と言う意味では難しいですね。



頑張って治療してきてください。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: yuki7さん
返信日時:2010-03-01 13:07:06
タイヨウ先生

ご返答ありがとうございます。

今の麻酔が一番安全で確実なんですね、

これから良い治療受けたいです。



タイトル 麻酔が取れにくいので歯科治療を躊躇してしまう
質問者 yuki7さん
地域 非公開
年齢 34歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 麻酔その他
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日