麻酔注射後の歯茎の内出血や白くなる症状は繰り返すのでしょうか?

相談者: うんにゃさん (57歳:男性)
投稿日時:2018-10-02 23:53:29
先頃「麻酔注射の後の歯茎を軽く押すと痛みがある 9/8解決」という相談をいたしました。
その続きで、気になっていることがございます。

当該の歯は、下の5、6、7番で、6番が抜歯、5番は銀歯クラウンを外して支台歯形成、7番は支台歯形成してブリッジにする治療中です。
先頃の相談は、5番の銀歯クラウンを外して支台歯形成した時のもので、5番の近くに打った麻酔注射によって歯茎の痛み、内出血、白くなるという症状が出たことついてでした。

その後、歯茎の痛みは無くなりましたが、歯茎が内出血する、白くなる、ブヨブヨする症状が、6番を抜歯した跡の歯茎に帯状に現れ、7番の歯の歯茎(近心の外側中心に)にまで及んでいました。

さすがに気になり、先生に診てもらいましたが、先生も

「内出血や白くなるのは有りうることだが、5番に打ったのに7番の方に症状が出たのはどうしてだろう?」

と首を傾げていました。

私は素人ですので分かりませんが、6番抜歯した跡の歯茎は、まだ歯肉の繊維が密になっておらず、そこに麻酔薬が流れ込みやすかったというようなことはあるのでしょうか?

さらに、後日、7番の歯を削る時に麻酔を少なめに打ったのですが、また、7番の歯の下の同じ位置の歯茎が若干内出血し、周囲が白くなりました。

さらに、その後日、ブリッジの噛み合わせ調整で押し込んで装着する時も痛みがあったため麻酔を少なめに打ちましたが、またまた同じ位置、7番の歯の下の歯茎が若干内出血してどす黒い紫色になり、周囲が白くなりました。

これまで、麻酔注射でこのようになったことはありません。最近でも、2年前に治療で何本か麻酔注射を打ちましたし、数か月前の6番抜歯でも麻酔注射を打ちましたが、このようなことにはなりませんでした。
今回が初めてのことでしたが、しかも3回続けてなりました。

麻酔注射の後に歯茎が内出血する、白くなる、ブヨブヨするといった症状は、一度なると、繰り返すのでしょうか?
他の場所に打った時でもなるのでしょうか?
そういう体質になってしまったのでっしょうか?

ちなみに先生は、

「教科書には、麻酔注射は骨に当たるまで針を刺すよう書いてあるが、私は、針を浅めに刺しているんだけど…」

ともおっしゃっていました。

電動麻酔を使われますが、この先生の場合、針を刺した後も若干痛みがあり、若干針の位置を動かしているようにも感じます。

注射の仕方で内出血や白くなる症状が出やすいこともあるのでしょうか?

私の歯茎が、この先生の麻酔注射と相性が悪いということもあり得るのでしょうか?

日にちが経てば良くなる症状だと思いますが、毎回なるとなれば、やはり気に掛かります。

よろしくお願いいたします。
[過去のご相談]


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2018-10-03 09:38:21
うんにゃさん、こんにちは

なかなか難しい問題ですね

麻酔の注射に関しては、確かに注射した跡に口内炎のようなものができることはあります。

ただ、毎回となると何かしら原因がある可能性も否定できません。

また体質というのもありえます。
口腔内というのは常に細菌が多くいる場所ですから、免疫能が弱っている状態で注射をしたりするとそのような状態になる可能性もありえます。

内出血に関しては血管に刺さない限りはおきませんが、毎回血管に刺しているとなると偶然ともいいがたいですね。

>6番抜歯した跡の歯茎は、まだ歯肉の繊維が密になっておらず、そこに麻酔薬が流れ込みやすかったというようなことはあるのでしょうか?

そのようなことはないと思います。

>他の場所に打った時でもなるのでしょうか?
>そういう体質になってしまったのでっしょうか?

これもどのような状態なのかを確認していないのでわかりませんが、何かしら原因はあるように思います。

>注射の仕方で内出血や白くなる症状が出やすいこともあるのでしょうか?私の歯茎が、この先生の麻酔注射と相性が悪いということもあり得るのでしょうか?

注射針の状態や注射の仕方ではあると思います。
相性というのはあまり関連性が無いように思います。

参考になれば幸いです。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: うんにゃさん
返信日時:2018-10-04 20:03:53
畑田先生
早速ご回答頂き、ありがとうございました。

先生は、内出血は

「偶然に太目の毛細血管に当たってしまったのでしょう」

ということでした。

白くなる症状については

麻酔薬の成分でそうなることは時々あることだけど、白くなる人はいつもなる傾向がある」

とおっしゃっていました。

ただ、私の場合、電動でない痛い注射も含めて、今まで随分と麻酔注射しましたが、一度もなったことがありませんでしたので、想定外のことで驚きました。
体質が変わったのでしょうか。

同じ場所で何回もなったのは、まだ治り切っていないところに、また麻酔注射を打ったから、内出血と白くなる症状がぶり返したためでしょうか。

そのうち治るというものの、どの歯科医院、どの先生でもなってしまうのは困るナと思っております。
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: うんにゃさん
返信日時:2018-10-10 17:03:37
その後、歯茎の状態が完全に良くなっていないため、銀歯ブリッジ仮どめで様子を見ているところです。
内出血の赤黒い部分は無くなったように思いますが、7番銀歯の下はまだ白っぽくプクリと膨れたような感じやブヨブヨした感じが少し残っています。

もう結構な期間が経ちますが、何度かの麻酔注射でぶり返したためか、日々少しずつ変化しているようでもあり、なかなかスッキリと元通りになりません。
そのうちブリッジの銀歯も合わなくなりはしないかと、いささか心配でもあります。

特に悪化はしていないと思いますし、痛みがあるわけではないのですが、気にするせいもあってか、舌触りが良くなく違和感あり、予想以上に長引いていて厄介です。
こういう症状は、一度なると次もなりやすいのでしょうか。
せめて今回限りであって欲しいと願っております。
回答 回答2
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2018-10-11 10:00:31
こんにちは。
単純にその先生の手技上の問題ではないでしょうか?

5番は失活歯または冠だったのでほとんど削らなくてよく、7番は生活歯ブリッジの為に今回大きく削る必要があったので知覚が亢進していて麻酔が効きにくくなっているので量が必要なのでしょう。

元々下顎の奥歯は奥になるほど麻酔が効きにくいですから、麻酔の量は多くなりがちでしょう。
同じ部位で同じくらい痛がるのを同じように麻酔を効かそうと思えば同じようになるでしょうから、仮着して暫く安静にしているところなのでしょう。

気にしていると次も知覚が収まらず、麻酔が同量入るでしょうからまた同じようになるでしょう。

何もしなくても時間が経てば治るのですから、過度に気にされずきちんと治療が完了出来るようにされたほうがよいでしょう。
その為にも治るものを過度に思い悩まない事が必要でしょう。

痛いときちんとしたブリッジをきちんとセットする治療行為が上手く進まないのですから、必要な麻酔量が必要なのはしょうがないです。

治療行為のステップを完終するために必要な麻酔量を入れると(入れ方にもよるでしょうが)粘膜の下部が一時的にダメージを受ける。
これはしょうがないです。
粘膜や血管の損傷に関しては時間が必ず解決してくれます。

きちんとしたブリッジを本付してもらうまでは、まだステップを踏む必要があるでしょうから、知覚が落ち着いたと歯科医が判断したら継続されるはずの治療を頑張って受けて下さい。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: うんにゃさん
返信日時:2018-10-11 11:59:39
ふなちゃん先生
ご回答頂き、ありがとうございました。

7番は、以前にも5番に打った麻酔の影響で、歯茎が内出血と白くなる症状が出ていたため、最少の麻酔量にしてもらいましたが(1本の半分未満で十分効きました)、やはり、またなりました。
どうも、癖になっているような感じです。

もしかして、抜歯した6番は小さな欠片があ二つしかありませんでしたが、遠心側の欠片が7番の歯に近い位置にあったため、7番の歯の付け根近くのの窪みが一番治りが遅かったように思います。
その位置が最も症状が出ていましたので、そうした歯肉の状態も影響していたのかもしれません。

思ったより長引いていて嫌ですが、焦っても仕方ありませんので、歯肉の回復を待って、気にならなくなってから本着していただこうと思います。
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: うんにゃさん
返信日時:2018-10-15 14:59:10
そう言えば、先生は、歯茎が白くなるのは麻酔薬に入っている血管収縮剤の作用(血流が悪くなることで起きる)と仰っていました。

血管収縮剤が入っていない麻酔薬もあるとネットで見たのですが、血管収縮剤が入っていない麻酔薬を使ってもらえば、歯茎が白くなる症状は抑えられるのでしょうか。

今後のために、できれば知っておきたいと思っております。



タイトル 麻酔注射後の歯茎の内出血や白くなる症状は繰り返すのでしょうか?
質問者 うんにゃさん
地域 非公開
年齢 57歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 歯茎(歯ぐき)の変色
歯茎の異常・トラブルその他
麻酔その他
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日