歯周ポケットが深くなると、骨の再生や再付着は望めないのでしょうか

相談者: ねこまたさん (57歳:女性)
投稿日時:2018-10-25 12:38:20
こんにちは。

先日、19日の山田先生の当サイトでのご回答で「個人的には経験上ポケットが深くなっているとセメント芽細胞が壊死していて骨の再生や再付着は望めないと考えています。」と書いておられたのを見て、驚きました。

私は、山田先生のHPのご指導を見て、少しグラついて歯科の先生に「いずれ抜歯」と言われた歯を、今まで3本、歯磨きだけで治してきました。
現在は、今までで最大のポケット7mmの歯周病を治そうと、励んでいます。


そこに、なにげに見た当サイトで、「ポケットが深くなっているとセメント芽細胞が壊死していて骨の再生や再付着は望めない」という御回答を見て、「このポケット7mmの歯の骨はもうダメなのか」と驚きました。

上記の御回答は、「一度歯周ポケットが深くなってしまうと、もう何をやっても骨は再生しないし、歯肉もくっつかない」ということなのでしょうか。

自分で、「セメント芽細胞」というキーワードを入れて1時間ほど調べたのですが、わかりませんでした。


ポケット7mmの、私の歯のセメント芽細胞は、もう壊死しているものなのでしょうか。
もはや、骨の再生や再付着は望めないのでしょうか。

私は、歯磨きを頑張れば、ポケットがもっと浅かった今までの歯と同じように治ると思っていたのですが。


よろしければ、教えてください
[過去のご相談]


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2018-10-25 12:46:16
骨の再生に効果があるとしてリグロスという薬が保険適応されています。

http://www.kaken.co.jp/nr/release/nr20160928.html

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2018-10-25 13:20:28
ポケット7mmのケースで、歯磨き(だけでは無理かもしれませんが)を頑張れば歯肉がくっついてポケットが浅くなる可能性はゼロでないと思います。
でも、一旦失われた骨の再生はないと思います。
(エックス線的に失われたように見えた骨の回復はあるかもしれませんが)

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答3
  • 回答者
歯科医師の松山です。
回答日時:2018-10-25 18:02:02
エムドゲインGTR検索してみてください。

エムドゲインは一応セメント芽細胞を分化させるということになっています。
数年前に評判になりましたが、今は下火のように感じます。

精々、1〜1,5ミリの骨再生しか経験上得られず、以前ここでの、他の回答者もそのようなことでした。


エムドゲインは保険が効かず、1〜1,5ミリを費用対効果あるいは手術をしてまでとしての、メリットをどうとらえるかは個人個人によって異なりますから、よく検討してください。

回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2018-10-25 20:22:11
ねこまたさんこんばんは、見つけました。

残念ながら再生はしないと考えています、したがってエムドゲインなどは有効だとは考えていません。

しかしレントゲン的にはあたかも骨が再生したような所見をよく見ます、これはどういうことなのか疑問に思っていたのですがおそらくレントゲンには写っていなかった骨マトリックスにカルシュウムなどの骨成分が沈着してレントゲンに写るようになった結果だと考えています。

これは冷静になって考えばごく当たり前のことです、何も足場にないところに骨などできるわけはありませんしセメント芽細胞が生き返るなんて考えにくいでしょう。

したがってよくなったのは歯周病による炎症が治って消えていたように見えた骨がレントゲンではっきり写るようになったからでしょう。


> ポケット7mmの、私の歯のセメント芽細胞は、もう壊死しているものなのでしょうか。もはや、骨の再生や再付着は望めないのでしょうか。

一部はすでに壊死していると思います、しかし壊死していないところまでポケットは回復すると思います、以前歯磨きで歯周病をご自身で治したわけですから自信を持ってください。

歯周病の治療と称してやたらとスケーリングPMTCをしているようですが歯ブラシプラークを落とせるようにならないかぎり歯周病は治りません、これも原因がプラークですから当たり前の話です。

ちなみに私のところでは歯磨き練習をして歯周病が治ってから歯石を取ります、またこの一連の治癒経過が理解できてからはPMTCはやったことがありません。

歯石 http://www.yamadashika.jp/perio02.html

>歯磨きを頑張れば、ポケットがもっと浅かった今までの歯と同じように治ると思っていたのですが。

一旦吸収してしまった骨の再生は望めませんが残った骨マトリックスの部分は回復します、また経験上力のコントロールができていれば下顎前歯などは根尖の1〜2mm位骨の中に入っていればしっかりして十分咬めるみたいです。

骨が回復したように見える症例 http://yamadashika.jugem.jp/?cid=199
その2 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=879

画像1 2011年8月9日
画像2 2013年6月10日

ブラッシングの威力はすごいものです、侮ってはいけません、これからも続けてください。

画像1画像1 画像2画像2

回答 回答5
  • 回答者
回答日時:2018-10-25 20:24:39
ねこまたさんがこれと同じになるかは歯周病の進行程度によりますが治ればこうなります。

http://yamadashika.jugem.jp/?eid=595

ブラッシングの威力 http://yamadashika.jugem.jp/?cid=41

画像1画像1

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ねこまたさん
返信日時:2018-10-26 11:28:33
御回答くださった先生方、どうもありがとうございました。

ご回答を拝見して、ふと疑問に思ったのですが、いわゆるルートプレーニングというのは、「壊死したセメント芽を取り除いて、新しいセメント芽の部分がでるようにする」ものなのでしょうか。

歯の根の表面を削って何とかなるものならば、先生方がそう教えてくださりそうなものなので、きっと的外れな考え方なのだろうと思いますが、素人があちこち調べても、「セメント芽細胞とは何か」という話に行きつきません。
「そういうものが歯根にある」というところまでしか、見つからないので、漠然と、「歯根の表面にある、歯槽骨を作るものなのかなあ」と思っています。


問題の、私の歯については、ほぼ歯冠の近くまで、レントゲンに骨が映ってはいます。
なので、山田先生のおっしゃるケースの「足場がない」ケースではないと思うのです。

けれども、歯根がその骨とかから剥がれてしまっているようなのです。
歯周ポケットと思える黒い影が歯根に沿ってあるからです。

なので、私は、「歯周ポケットに沿って骨が溶けてしまったらしいのは歯根のセメント芽細胞というものが死んだせいなのかも。
歯根のセメント芽細胞が死んでいれば、隣接した部分の骨は再生しないから、歯茎ももうくっつかないのかも」と考えたのです。


もしかして、「歯冠近くまでレントゲンに骨が映っている場合には、深い歯周ポケットがあっても、歯根のセメント芽細胞は死んでいないかも」と考えてもいいのでしょうか。

素人すぎて、馬鹿なことばかりお尋ねしているような気もしてきましたが、悩んでいるのは事実なので、どうか、寛大に見てくださるようにお願いします。


ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。
 
回答 回答6
  • 回答者
歯科医師の松山です。
回答日時:2018-10-26 12:03:41
>深い歯周ポケットがあっても、歯根セメント芽細胞は死んでいないかも

細胞は生体の内部で生きていけますが、歯周ポケットは生体外部ですから、その部の歯根表面のセメント芽細胞は死滅するはずです。
ポケット底部に近づいた骨の細胞も死にます。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ねこまたさん
返信日時:2018-10-26 18:16:49
さらなるご回答、ありがとうございます。


やっぱり、深いポケットのところの歯根表面のセメント芽細胞は死滅してしまうのか・・・とガッカリして、セメント芽細胞というものは、歯根表面にしかないものなのだろうか、表面のが死んでも奥にまだあったりはしないのだろうか、とずるずる調べてみましたが、セメント芽細胞がどこにあるか、という話は見つかりませんでした。


けれども、セメント芽細胞は濾胞上皮細胞というものからできるという話があったので、だったら、濾胞上皮細胞があればいいのかも、と調べようとすると、今度は、この言葉の入った歯科のページ自体が、見つかりませんでした。

調べていけば良い話がどこかにあるかも、とするずる頑張っていましたが、よく考えたら、「ダメじゃないケース」を私が知ろうが知るまいが、私の歯だの骨だのがもうダメならば、「ダメなものはダメ」なのは一緒ですよね。知ったからといって、ダメなものがダメじゃなくなるわけでもないです。


心配しようが希望を探そうが、私の現実が変わるわけでもないのに、先生方にお手数をかけて申し訳ありませんでした。


ありがとうございました。


 



タイトル 歯周ポケットが深くなると、骨の再生や再付着は望めないのでしょうか
質問者 ねこまたさん
地域 非公開
年齢 57歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯周病(歯槽膿漏)治療
エムドゲイン
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日