大きなレントゲンしか撮らない歯科医と小さなレントゲンも撮る歯科医

相談者: ゆりざくらさん (34歳:女性)
投稿日時:2016-06-03 15:58:45
左下の6番の歯の部分カメラを撮る時に、人によって舌の下に当たってとても痛くて撮れない時があります。

先生によっては工夫して痛くないようにして入れる先生と、1回でも痛いっていう時は、工夫せずに小さいレントゲンは撮らないで、大きいレントゲンだけで診断する先生です。

後者は患者の苦痛をしないためにも、良いのかな?と思いましたが、小さいレントゲンで見える部分も大事なようなので、大きいレントゲンしか撮らない先生はどうなのかな?と思いました。
[過去のご相談]


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2016-06-03 16:14:58
何を診断するかによると思います。

小さなレントゲンが必要な場合はありますね。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2016-06-03 18:25:37
ゆりざくら さんこんにちは

必要か必要で無いかによるかと思いますね。

大きなレントゲンで十分であれば、わざわざ小さいレントゲンを撮影する必要はないですし、もう少し詳細な情報が欲しい時には小さいレントゲンも撮影することはあります。

また、大きなレントゲンの欠点は前歯の辺りがうまく写らないことがあったり、歯と歯の間が重なって写ってしまうので、歯と歯の間の虫歯を確認したり、前歯をきちんと見たい時などには小さいレントゲンは必要になります。


>工夫せずに小さいレントゲンは撮らないで

必要なのに撮影しないのは(どうしても撮れない場合もありますが)ん〜ちょっとと思ってしまいますね。

回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2016-06-03 19:01:24
ゆりざくら さん、こんにちは。

藤森先生が言われるように、何を診断するかでレントゲンの取り方を選択するべきです。

虫歯根の病気歯周病などの一般的な病気の診断には小さなレントゲンが必要です。
大きなレントゲンは、顎の骨の病変などの診断に用います。


個人的な意見として、小さなレントゲンを撮られる先生を支持しますが、残念ながら日本の保険制度歯科医院の経営のため、大きなレントゲンを撮る先生を多く見かけます。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ゆりざくらさん
返信日時:2016-06-08 17:12:39
回答ありがとうございます。

小さいレントゲン撮らなかった先生は、いつも予約が1か月先になります。
技術は信頼しているのですが、面倒で撮らなかったのかな?とも思ってしまいます。



タイトル 大きなレントゲンしか撮らない歯科医と小さなレントゲンも撮る歯科医
質問者 ゆりざくらさん
地域 非公開
年齢 34歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ レントゲン写真
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total
今日 今日
昨日 昨日